のどぐろ一夜干し 作れるときに作っとかないとw

のどぐろ一夜干し は干物の王様

のどぐろ(アカムツ)は境港では干物の王様としてお土産屋さんやさかなセンターで高価な値段で販売されています。

私ものどぐろは大好きですので塩焼きで食べたり新鮮なものなら刺身で食べて舌鼓をうったりしていますが、これ我が家が魚屋だから気軽に食べれるのであって、もし魚屋じゃなかったら恐らく値段を気にして食べる機会は大幅に減るでしょうね。

ときどき自家消費用にめかぶ茶や昆布を大漁市場「なかうら」に買いに行くので、ついでに魚や干物の値段をリサーチするのですが、いつもビックリするのがノドグロの値段!

ノドグロ開き干し

写真ののどぐろ、サイズは20~22㎝程でしょうか、なんと驚くなかれ5,000円を超えています。

ちょっと普段の食事では食べられない金額ですし、仮にこののどぐろの御馳走を召し上がれとご厚意で出されたとしても、私みたいな貧乏性な人間は箸でつまんだのどぐろの身が「これぐらいなら200円くらいか」「あ~たくさんとれたから300円かなぁ」なんて気になってしまって、まともに美味しく頂ける気がしませんw

最後には骨に付いた身が勿体無くて骨をしゃぶり尽くす位のことを無意識にしてしまいそうですw

これだけ高い値段だと当店の地元のお客様は全く見向きもしないですので、当店ではそもそもこんな高値ののどぐろは仕入しません。

ノドグロ 一夜干し

知り合いの業者でのどぐろを比較的強気の高値で競り落とすところがありますが、やっぱりそこは観光客や高級料理店をターゲットにしていますね~。

恐らく購入される方は贈答用の方が多いと思いますが、そういった方には逆に高値の方が売れるのかもしれません。

のどぐろがそれだけ高値で売れるのは一見すると羨ましい限りですが、センターの地代や苦労話などの裏話を聞いていますので一概にいい話とは言えませんね~。

まぁ、商売の方法も色々ですので当店は当店なりのマイペースでやっていこうと思っています。

ノドグロ 一夜干し

そのノドグロちゃんが最近手頃なので当店も干物用に大量購入しました。

サイズは小~大まで様々ですが脂がのったノドグロちゃんは今の天気もあって美味しい干物になってくれそうです。

ノドグロはサイズが小さくても大きくてもあまり味は変わらないのが特徴ですので、写真のようなチビのどぐろの方が値段も安くてお得です。

丁寧にエラや内臓や血合いを取ってやると綺麗なノドグロの身が実に美味しそうです。

このチビちゃんのどぐろならお父さんの晩酌のアテには2枚~3枚は必要ですね。

あとは一定の塩分濃度の水に一定の時間浸けておきます。

写真上から大・中・小のサイズになります。

当店はあまり大きなサイズは干物にはしないのですが、今回は通販用やお客様のリクエストがありましたので作っています。

ノドグロ 一夜干し

当店のお客様はちびちゃんノドグロは自家消費されますが、写真の中サイズ以上になると贈答用として購入・配送手続までされる方が多いです。

干物の王様ノドグロはもちろん贈り物として大変喜ばれるようで人気の商品の一つです。

最近は天候も申し分なくて干物の乾きが良いので上等な干物が出来ました。

最近ノドグロの干物は結構な数量を作っていますが人気があってすぐに売れるのもあって、在庫がまだまだ足りませんね~。

ネックなのがノドグロは養殖もされていないし獲れない時はサッパリ獲れないので、欲しい時に手に入らない事が多い事ですね。

こうやって手頃な時に頑張って干物作りをしていますが、ある時パタッと市場で見かけることがなくなるのがノドグロですから。

サイズによって値段も入数も違いますが、美味しさは保証しますw

境港産:ノドグロ一夜干し、ぜひ一度ご賞味ください。

干物通販はこちら

 

かやの鮮魚店

コメントを残す