黒ムツの塩焼き・刺身が最高に美味、ホタテの焼き物もイケる/今日の晩御飯編

黒ムツ 白身の身は甘く、上品な味が楽しめる

黒ムツ 塩焼き
黒ムツ 塩焼き

最近 黒ムツ が揚がっているので早速調理してみました。

黒ムツは本来は深いところで生息する深海魚なのですが、境港では定置網で獲れることがよくあります。

他の地域では黒ムツはもっと大きなサイズが流通しているようですが、境港市場ではこの20㎝~30cm程度のサイズをよく見かけます。

境港の地元の方はやっぱり煮付けが一番、刺身が二番、塩焼きが三番という食べ方です。

高級魚として人気があるだけあって白身の身に甘みがあり、上品な味が楽しめます。

魚を扱っている以上その魚を実際に食べておかないと、お客様にどう食べれば美味しいかをお伝えすることができませんので仕方なく調理しますw

最近行った竹ノ内団地の回転ずし「大漁丸」にも黒ムツの握りが置いてあり、食べたところ脂がのっていて美味しく頂けました。

黒ムツの塩焼きに柚子
黒ムツの塩焼きに柚子

これが脂がのりのりジューシーで絶品、白身の身は甘さがありなんとも言えない上品な味でした。

柚子を絞ってやるとこれがまた黒ムツの脂と合っていて、「まさに黒ムツの料理は食のIT革命や~」という感じです。

年がら年中魚を食べている私ですが、この黒ムツの塩焼きは食べた瞬間に「おいしい」と言葉に出た位です。

この黒ムツの塩焼きは当店というか私のオススメです、柚子とのコラボが最高でした。

黒ムツの刺し身
黒ムツの刺し身

こちらは黒ムツの刺し身です。

写真では見るからに脂が乗っていて濃厚な味がしそうな刺身で、白身の魚と言ってもタイやセイゴなどのピンクの綺麗な身と比べてやや色濃い感じです。

早速食べてみたところ脂が乗っていて甘みがある上品な味で、その美味しさに舌鼓を打ちました。

黒ムツって美味しい!と素直に思えるこの刺身の美味しさ。

言葉ではうまく表現できませんが、刺身を頬張ると甘さとまろやかさと旨味がフワッと口に広がる感じですw

良く分かりませんねw

これは一度食べて貰わないとこの美味しさは文章だけでは通じません。

黒ムツ
黒ムツ

元の姿はこんな感じで実を言うとあまり美味しそうには見えませんが、食べてみると評価が一変します。

境港では回転ずし屋さんでも商品としてありますので、境港にこられたらぜひ一度注文してみて下さい。

ただ、あまり獲れませんのでタイミングが合わないとネタの黒ムツがありません。

本日の夕飯、黒ムツ・ホタテ・親ガニ・ねばりっこ
本日の夕飯、黒ムツ・ホタテ・親ガニ・ねばりっこ

ちなみに本日の夕飯はこちらの写真と、あとはダンダラ(黒鯛)の塩焼きも頂きました。

親ガニの汁ものも濃厚で美味しいですよ。

内子・外子がぎっしり詰まっていて箸でほじくりながらお酒をチビリチビリと頂きます。

黒ムツの塩焼きでもチビリ、黒ムツの刺し身でもチビリ、ホタテでもチビリと酌が進んでしまいました。

完全な居酒屋メニューですね~、しかも肉類一切なしw

焼きホタテ
境港産ホタテ貝の焼き物

こちらは珍しく境港で水揚げされたホタテ貝です。

これまた最高に美味しかった・・、幸せ。

ホタテ貝は魚焼きグリルで軽く火を通すだけで美味しく頂けます。

貝全般ですが焼き物にする場合に焼き過ぎる方が多いです。

二枚貝なら蓋が開けばもうその時点で火は通っていますので火を止めて貝汁と共にジューシーな身を楽しみましょう。

ホタテ貝

仕入れた夜泣貝の箱の中に一枚だけ混ざっていました。

一枚だけでは売れないだろうと思ってましたが、案の定売れ残りました。

ですのでやむなく調理して頂きましたw

 

黒ムツはオススメです、ぜひ一度ご賞味ください!

 

干物通販はこちら

 

おいしく食べてカラダもすっきり♪管理栄養士と料理のプロが作った1食わずか400kcal【美健倶楽部】
かやの鮮魚店

コメントを残す