世の中タイミングというものがあって、上等な 渡り蟹 や松葉ガニを仕入れてもカニを欲しがっているお客様が当店に来て頂けなければ、おススメすることもできませんしご購入頂けることもありません。

タイミングを逃した魚介類は生ものという性質上、時間が経てば劣化していき最後には口に入れると人体に悪影響を及ぼす危険な物へと変化していきます。

さかな屋という職業上そういった賞味期限切れの食品は日々発生し、やむなく処分しないければいけませんが、現在世の中では「食品ロスをなくそう」と、廃棄される食品を極力減らす活動が盛んになってきていますし、私も当然その意見には賛成です。

ということで当店でも廃棄する魚介類を捨てるのが忍びないので今回仕方なく自家消費しましたw

渡り蟹

今回そのタイミングを逃して残ってしまったのが、このワタリガニ、正式名称は「ガザミ」といいます。

境港ではこのワタリガニはアオデ(台湾ガザミ)、石ガニに並ぶ人気のカニで、カニ好きは見ただけでよだれを垂らす程好まれています。

塩茹でしたワタリガニを手でばらしながらかぶりついて食べるのが境港の食べ方で、酒の肴としても最高の一品と言えます。

手頃な価格で仕入れる事が出来たのですが、少し多く多く仕入てしまって少し残ってしまいました。

渡り蟹 塩茹で

地元のお客様は「もうカニを塩茹でする手間がしんどい」というようなお婆ちゃんやお爺ちゃんも多いことから塩茹でして販売もしていますので、今回残ったのは写真の塩ゆでワタリガニ。

残り物なので爪も脚も揃っていない状態ですが、ワタリガニの場合主に食べる所は甲羅の中の身と内子なので問題なし。

渡り蟹 焼きガニ

早速甲羅をはがして七輪へ。

身の方は既に塩茹でしてあるので内子が香ばしく焼けるまでのお酒の肴として頂きましたw

ワタリガニの身は濃厚なカニの味と適度な塩味が最高に美味しい!

カニと言えば松葉ガニや親ガニなどのズワイガニをイメージする方が多いと思いますが、私個人的にはズワイガニや毛ガニより、このワタリガニやアオデ、石ガニの方がカニ自体の味は上だと思っています。

身の質も違いますし何より身の味が濃厚で、境港の地元のお客様が贈答用には松葉ガニ、自分で食べるにはワタリガニやアオデと区別しているのも納得できます。

渡り蟹 カニミソ

焼けた内子をお酒と一緒に頂きましたw

この濃密な内子の味は中々うまく表現できるものではないですが、深みのある味わいは絶品の一言で辛口の白ワインによく合いますw

境港の珍味絶品は色々ありますが、このワタリガニの内子もその一つと言えます。

境港に来られた場合は是非一度ご賞味していただきたい味の一つです。

黒むつ干物

こちらは自家製黒むつの干物です。

クロムツは大変美味な魚で関東ではとても人気がある魚と聞きますが、こちら境港ではあまり人気が無い雑魚扱いです。

当店のお客様が年配が多いということもあるのでしょうが、店舗と行商でクロムツはさっぱり売れませんw

干物、刺身、煮付け、塩焼きで食べましたが、このクロムツ境港の年配のお客様が敬遠していますが、いやいや私としてはとても美味しい魚と太鼓判を押しますw

一度食べてみて美味しくないので買わないというのはわかりますが、境港の年配の方は食べつけた物しか食べなくて、そもそも慣れない魚をたべようとはしません。

世の中美味しいものは沢山あるんですが、頭の固い(失礼)年配の方は色々食べてみようとはしないんですね・・、勿体ない。

宅配サービスのお客様は比較的年齢層が低いのでクロムツもよくご注文頂きますが、まだまだ知名度が低くてクロムツの美味しさを経験して頂けませんw

ぜひ一度食べて頂きたい魚の一つですが・・

ホタテ炭焼き

こちらはホタテ、ヨナキ貝の中に2枚混ざっていましたw

これは売れる見込みがはなからないので(笑)、美味しく頂きました。

そろそろ寒くなってきましたので、海鮮BBQも来年の春までお預けです。

炭火で焼いた魚介類を味わうのもいいものですよ、おススメです。

 

シーフードBBQセットはこちら!

かやの鮮魚店

コメントを残す