イシガキダイ 煮付け 塩焼きにどうぞ

底曳き網漁が始まって夏場と違って獲れる魚が変わってきました。

ノドグロ、シロハタ、ベランスガレイなどこちら境港でみなさんに愛される魚が豊富に獲れ、当店の店頭にも最近は毎日並んでいます。

地元の方はこれまで食べた事のない魚は一切口にしようとしない食わず嫌いばかりなので、色んな魚を色んな料理で食べて貰いたい当店としては少し残念なところがあります。

例えばこのイシガキダイ(石垣鯛)もその一つで、同属のイシダイはダンダラと呼んで好んで食べるのにイシガキダイには見向きもしません。

生息地や食性など殆どがイシダイと同じで甲殻類、貝類、ウニ類などを食べる魚で、大きなものでは60㎝程の大きさになり、引きの強さから磯釣りのターゲットとしてイシダイに並んで人気があります。

ただ少しイシダイよりは生息地が暖かい場所が適しているようで、境港で素潜りなどでイシダイを見かけてもイシガキダイを見ることは少ないですね。

イシガキダイ

大きくなると口の周りが白くなることからクチジロとも呼ばれ、こちら境港では主に煮付けで食べられることが多いです。

ただ年配の方は食べず嫌いの方が多いので、どちらかというと若い方が食べられますね~。

磯でウニや貝などを食しているので磯臭い(クセがある)と言われますが、石鯛同様そのクセを楽しむ魚だと思います。

私個人的にはダンダラ(石鯛)の塩焼き同様、軽く塩を振って焼いてからレモンか柚子などの柑橘類の汁をかけて白身の味を楽しみます。

味はダンダラを少し濃くしたような感じでクセがありますので、ダンダラ同様好きな方と嫌いな方の真っ二つに分かれるかも知れませんw

あまり地元の生活に馴染みがない魚なのでそうそう仕入れませんが、たまに程度の良いものがあれば仕入れて皆さんに食べて貰えるよう、美味しさをアピールしていますw

ぜひ一度、イシガキダイをご賞味ください。

台風が去っていつものように境港に魚がたくさん水揚げされています、こうやって多くの新鮮な魚を皆さんに食べて頂けたら魚屋冥利につきますw

かやの鮮魚店

コメントを残す