ムラソイ、カサゴ、マスカレイ、煮付け魚が大人気!

ムラソイ

ムラソイ が今旬でとても美味しい!

珍しい魚があったので入荷しました。

煮付けで食べると美味しい魚で、名前は「ムラソイ」と言います。

こちら境港ではカサゴ(ボッカメバル)やタケノコメバルと区別されることなく流通していますねw

そもそもお客さんが「ムラソイ」という名前を知りませんし、クロソイやカサゴをボッカメバルと一括りにして呼んでいる地域ですので、煮魚という大きなジャンルの中のメバルという位置づけなんでしょう。

旬は秋~春の間で、今美味しくいただける時期です。

カサゴと同様に白身の魚で、こちらの地域では煮付けで食べるのが定番の魚ですが、刺身で食べても上品な味と旨味を楽しめます。

私は個人的には刺身で食べるのが好きですが、刺身だと頭が大きいので歩留まりが悪いと言って嫌う人が多いですね。

カサゴ、クロソイ、ムラソイ、アカミズ(キジハタ)などの根魚(ロックフィッシュ)は煮付け魚として人気が高いですが、実は刺身で食べると驚くほど美味しいということがあまり知られていませんね。

境港ではカサゴ類は煮付け魚との固定観念が根強くあって、他の食べ方をする方がいません。

刺身やカルパッチョ、から揚げなどでも美味しく頂ける魚ですので、一度挑戦して欲しいところです。

このムラソイ、一度は食べて頂きたい魚です。

カサゴも煮付けが定番の高級魚

カサゴもムラソイ同様、煮付け魚の代表格です。

昔は山のように獲れたり釣れていた記憶がありますが、今や立派な高級魚ですね、ビックリします。

本日はムラソイの横にカサゴを置いていたのでお客様も違いが分かったようで、ムラソイを指さして「この魚はなんて言う魚?」なんて聞いてきましたが、「ムラソイ」と教えても名前には興味がないようでしたねw

どちらも煮付けで美味しい魚という位置づけのようですw

好きな方はカサゴもムラソイも煮付けで食べた後の骨にお湯をかけて飲む、「骨湯」を楽しまれるようで、美味しい魚を無駄なく食べていますね。

タケノコメバル

ちなみにこちらがタケノコメバルで、カサゴやムラソイと比べると色合いなどが違いますが、境港(特に外江地区)ではあまり区別されることはないですね。

タケノコメバルも高級魚ですね。

マスカレイ、活魚なら刺身で食べよう!

マスカレイ

煮付け魚と言えばカレイも人気がありますね。

今日は程度の良い活マスカレイがあったので、マスカレイしか入荷していません。

正式名称は「マコガレイ」ですが境港では「クチボソガレイ」「マスカレイ」などと呼ばれています。

有名な城下ガレイはこのマスカレをブランド化したものです。

マコガレイ

旬は春~夏で煮付けで食べるのが定番の魚ですが、活きているマスカレイは〆てから刺身で食べるのが実は一番美味しい食べ方です。

境港ではカレイを刺身で食べる習慣がないので勿体無い気がしますね~。

私は活マスカレイを食べるなら刺身、カルパッチョで頂きます。

ヒラメとは一味違った旨味があって美味しいですよ。

良いものはやっぱりお客様も見て分かりますので、カレイ好きは次々とマスカレイを選んでいきますね。

マスカレイ美味しいですよ、ぜひご賞味ください。

天気が良くてお客様もよく出てきてくれます。

 

かやの鮮魚店

コメントを残す