境港サーモン 刺身で頂きました!新鮮な活〆の身は確かに旨い!

境港サーモン 刺身

境港サーモン 刺身 で頂きました!

水揚げ後に直ちに1尾ずつ活〆され血抜きをしてあるので生臭さが少なく歯ごたえがある、との評判の「活〆境港サーモン」、早速当店でも仕入販売を開始しました。

初日の昨日は初物ということで皆さんにたくさん購入して頂けました。

「境港サーモン」が販売されて5年が経ちやっと境港に定着してきた感がありますが、「刺身で食べても美味しい!」との弓ヶ浜水産の宣伝フレーズ通り、やっぱり皆さん刺身で食べる方が殆どでしたね~。

柔らかく刺身に向かないとされているギンザケですが、活〆することで刺身で美味しく食べられるそうです。

当店では普段トラウトサーモンやキングサーモンのフィーレを扱っていますが、普段見向きもされない方が「境港サーモン」には反応されていましたね~。

やっぱり当店で売るものは私が食べとかないといけないでしょう、という事で「境港サーモン」をさっそく試食してみました。

朝に市場で入荷したものですので新鮮そのもの!身が綺麗で透き通るようなサーモンピンク、というか赤いです。

ギンザケの身は食べる餌によって色が変わると言われますが、境港サーモンはどんな餌を与えているんでしょうか、とても色鮮やかです。

刺身にしていても新鮮さが分かるほど綺麗な身で、これは美味しくない訳がないですね~。

境港サーモン アジ

我が家の晩御飯の魚メニュー、本日は境港サーモンの刺身、鯵タタキ、イワシみりん干し、サバみりん干しです。

みりん干しを焼きすぎて焦がしてしまいましたが、まぁ許してください。

ということで早速境港サーモンの刺身を頂きました。

感想は新鮮なのが一番大きいのでしょうが、大変美味しく食感も良いものでした。

サーモンの刺身は一般的にやや柔らかいものですが、「歯ごたえがある」という評判通り境港サーモンの刺身はしっかりしていました。

脂ののりも良くて普段使っているサーモンと比べると口一杯に旨味が広がる感じです。

キングサーモンやトラウトサーモンの刺身と比べるとクセがなくて、上品な味わいですね。

ただ私も多くのサーモンの種類を食べ比べした訳ではないので、他のサーモンとの比較評価はあまりアテになりませんw

ですので短く言うと、「新鮮でクセがなく上品な身は刺身で食べると最高」でした。

普段はサーモンはマリネで食べることが多いですが、境港サーモンはそのまま刺身で食べた方がギンザケの味を楽しめる気がしますね。

境港サーモンもブランドとして確立されて、地元名産品になればいいですね!

美味しいサーモンですよ、ぜひご賞味ください。

かやの鮮魚店

コメントを残す