シロイカ (ケンサキイカ)・イクラ・ハマチの手巻き寿司と島根ワイン「縁結び」

シロイカ ( ケンサキイカ )・イクラ・ハマチの手巻き寿司と島根ワイン「縁結び」

木曜日の宅配サービスのお客様から手巻き寿司で刺身を食べていると聞きましたので、我が家でもさっそく手巻きでお魚を頂きました。

ネタは シロイカ (ケンサキイカ)・イクラ醤油漬け・ハマチ・アマエビ、お酒は島根ワインの「縁結び」。

アマエビ・ケンサキイカ・ハマチ・イクラ
アマエビ・ケンサキイカ・ハマチ・イクラ・カンパチ

ハマチが昨年秋頃から脂がノリノリで、宅配サービスでも大人気の刺身でした。

このハマチは隠岐の島近海で獲れた「天然のはまち」です。

ハマチは刺身やお寿司のネタとしては大変人気がありますが、物によっては別の魚かと思うほど脂のノリが違います。

天然もののハマチやブリなどは結構当たり外れがあるものですが、去年の秋~のハマチにはまるで外れが無くて脂のノリが満点です。

イクラは値段が高止まりしている状態で、ちょっと気安く買える値段ではなくなってきましたね。

あまりに高くなってきたので当店や知り合いの業者でも売れなくなってきている状態です。

昨年は北海道でイクラの密漁で逮捕者が出ましたが、これだけ高くなっているので密漁で一儲けと考える人が出てくるのも頷けます。

ですのでイクラ大好きな方は値が上がる前に食べておいた方が良いかも。

シロイカ ( ケンサキイカ )が美味しい

久し振りに入荷した白いか(ケンサキイカ)です。

白いかは山陰では大変人気があるイカで、テナシ(ヤリイカ)・アオリイカなどと共に高級イカの一つです。

テナシの上品な味と比べて甘みがとても強く、旨味がある身は刺身で食べると最高に美味しいイカです。

境港では主に夏頃が旬と言われていて、シロイカがあるとみなさん真っ先に購入されます。

今の時期は夏のシロイカと比べると少し甘みが落ちる気がしますが、十分にイカの旨味を楽しめます。

サルボウ貝煮付け
サルボウ貝煮付け

ハマチやシロイカなどの手巻き寿司を美味しく頂きながら、サルボウ貝の煮付けもパクつきますw

サルボウ貝も去年の秋から値段が上がって高止まりしています。

宍道湖ではサルボウ貝の養殖も行っていますが、昨年にはサルボウ貝の高値を見た悪い人達が窃盗事件を起こしています。

網に入れたサルボウ貝を海に沈めて養殖していたのが、網を上げてみたら網が新しいものに替えられていて、養殖のサルボウ貝が軒並み盗まれていたそうです。

世の中悪い人がいますね~。

サルボウ貝の煮付けは松江や境港などで盛んに食べられていて、特にお正月には欠かせない料理の一つです。

当店の通販ショップでもサルボウ貝を購入される方はこちらの地元に何かしらの縁がある方ばかりです。

味はそのまま赤貝の味ですが、赤貝と比べて小ぶりで煮付けで食べるにはちょうど良いサイズです。

お客様が「年末にはサルボウ貝の煮付けがないと寂しい」と言われるほど地域の食文化に根付いた貝です。

大変美味しいです、ぜひ一度ご賞味ください。

手巻き寿司と縁結び
手巻き寿司と縁結び

本日の手巻き寿司と頂いた島根ワインの「縁結び」です。

白ワインで辛口なのがとても魚介類に合っています。

お正月休みに出雲大社に行った帰りに島根ワイナリーで購入しました。

かやの鮮魚店

コメントを残す