カタクチイワシの刺身をショウガ醤油で頂きました、最高!

カタクチイワシ の刺身は産地限定グルメ

新鮮な カタクチイワシ を入荷しまたので早速刺身で頂きました。

境港の地元のお客様はこのカタクチイワシの刺身が大好きで、新鮮なものがあると皆さんたんまり買って帰ります。

カタクチイワシは傷むのがとても早いので刺身で食べるなら鮮度に気を付けないとお腹を壊してしまいますので要注意。

傷むのが早く新鮮なものでないと食べられませんので、カタクチイワシの刺身は産地でないと食べられない産地限定グルメと言えるでしょう。

カタクチイワシ
カタクチイワシ

境港の地元のお客様には大変馴染み深い魚で、刺身・生姜煮・なめろう・汁物なんかで食べられています。

干して目刺しにされる方もいて、カタクチイワシが昔からよく地元になじんでいることが見受けられます。

我が家でも昔から主に刺身で頂いたり、干物を作って食べたりしてよく食べていました。

新鮮な カタクチイワシ を刺身で食べてみましょう

カタクチイワシを刺身にする時には手で頭を取って、指で身と骨を外すのが普通の作り方ですが、我が家の場合は写真の様に梱包用のPPバンドを使って身を取ります。

PPバンドは段ボールを梱包するのによく使われている幅2㎝程度のバンドで一度は誰でも目にしたことはあるはず。

このバンドを写真の様に輪っかにしてホッチキスで留めて、輪っかの部分をエラの下の身に刺して尾っぽに向けて引っ張るだけです。

簡単に身が骨から取れるのでカタクチイワシの刺身作りも楽々です、一度挑戦してみてくださいw

小さいながらも鱗がありますので、刺身用の身はよく水洗いして鱗を流してやります。

この水洗いを何回かして鱗を取ってお皿に盛り付ければ大変美味しいカタクチイワシの刺身の出来上がりです。

刺身醤油で食べても美味しいですが、やっぱり一番美味しいのはショウガ醤油ですね。

たっぷりのショウガを使って食べるカタクチイワシの刺身は最高に美味!

あまりスーパーなどで新鮮なカタクチイワシを見たような記憶がありませんが、新鮮なものがあればぜひ一度ご賞味ください。

ほんと最高に美味しいですよ!

かやの鮮魚店

コメントを残す