クチボソガレイ(マコガレイ)、シロギス、生わかめ(若布、和布)がイケてる/本日の品揃え移動販売編

クチボソガレイ (マコガレイ)が上等

最近雪が降っていますので移動販売ではお客様があまり出て来られませんね~。

まだ雪が積もっていますので足場が悪く、年配の方は危ない状態ですので無理して出て来ない方が良いです、ホント。

大事に至らなかったですが、ついこの間も雪が積もっている場所でお客様が思いっきり転んでいましたから。

我が家の周りで亡くなられる年配の方の多くが、一度ケガをして寝込むか手術をして、そのまま歩けなくなって健康を害して亡くなられるパターンが多いです。

魚を食べなくても死にませんので、無理な行動は控えて下さい。

クチボソガレイ
クチボソガレイ

クチボソガレイがあったので入荷しました。

境港ではクチボソガレイ、マスカレイと呼ばれていますが、正式名称は「マコガレイ」です。

大分県速見郡日出町で獲れる「城下カレイ」もこのマコガレイの事で、獲れる地域によって名前がバラバラなことから地域の食文化に根付いているカレイだと言えます。

旬は春~秋ですが年中獲れて刺身でも煮付けでお大変美味しくて人気があるカレイです。

境港ではカレイの刺し身と言えばこのマスカレイの刺し身のことを指すほどよく食べられています。

刺身・煮付けで食べられることがほとんどですが、焼いても唐揚げでもムニエルでも美味しく頂けるカレイです。

鱗も小さくて骨も柔らかいので料理が苦手なお母さんでも手間はあんまり取られません。

ぜひ一度ご賞味ください。

シロギス(本ギス)
シロギス(本ギス)

シロギスも境港では定番の人気がある魚です。

塩焼き・フライ・天ぷらで食べるのが定番で、あっさりとした白身の上品な味が楽しめます。

旬は春~夏ですが年中獲れて美味しい魚です。

今日のシロギスは少しサイズが小さめで面倒かもしれませんが、刺身で食べても美味しくてキス独特の味を楽しめます。

面倒なのであまり作りませんが、昆布締めも大変美味しくて昆布締めの微妙な風味や旨味がキスのあっさりとした身を引き立ててくれます。

 

境港ではキスは境水道で竿を出すと簡単に釣れますので、チヌやセイゴと並んで昔から馴染み深い魚の一つです。

釣りの対象魚としても人気があって、毎年弓ヶ浜でキス釣り大会が開催され、結構な釣り人が集まっています。

生わかめ
生わかめ

ワカメ(若布、和布)は日本人には大変馴染みの深い海藻ですね。

葉っぱの部分はもちろんですが、ワカメの根の上にある、葉状部の中で厚く折り重なってひだ状になった部分はメカブ(和布蕪)と呼ばれて健康食品やシャンプー・化粧品などでも利用されています。

※ワカメは海藻なので根はありませんが、分かりやすいので根と書きました。

ワカメを食べる習慣は日本と韓国しかなくて、お隣の韓国では国民一人当たりのワカメ消費量は日本の3倍にも上る程人気があります。

日本では味噌汁や酢の物、サラダ、スープなんかで食べてられていますね。

口にするワカメの殆どが乾燥されたワカメですが、やっぱり新鮮な生のワカメは風味も味も食感も良く旬の時期には食べておきたい物の一つです。

ワカメ(若布、和布)
ワカメ(若布、和布)

生わかめならサラダがオススメで、ワカメをさっと湯引きしてカイワレ大根、ショウガ、柚子と醤油の二杯酢でサッパリとした味付けをして、生のワカメの風味を楽しみます。

これが妙に美味しくて、特にカイワレの辛さとワカメの風味の相性がバッチリでモリモリ食べてしまいます。

健康面でもワカメを食べることは身体に良くて、食物繊維、アルギン酸、フコイダンを多く含みますので、コレステロール値を下げたり動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ効果があると言われています。

低カロリーなのでダイエット食品としても重宝されています。

生わかめ、ぜひ一度ご賞味ください。

店舗前、雪景色
店舗前、雪景色

所々路面が凍結していますので、足元には気を付けましょう。

かやの号(軽トラ)で市場に向かっていたら滑ってスピンしてしまいました。

後続車や対向車がいなくて良かったです、危なかった。

かやの鮮魚店

コメントを残す