サバ・鮭は介護施設、アジ・ハマチ・タイのフィーレは料理屋さん/魚屋配達編

介護施設や料理屋さんにも 鮮魚販売 しています

鮮魚販売 タイ・アジ・ハマチのフィーレ

地元の個人のお客様だけでなく介護施設や料理屋さんにも鮮魚を販売しています。

境港は水木先生という偉大な方が、妖怪ワールド発祥の地という偉大な功績を残し地域貢献をされた場所であります。

お陰様で今や境港は漁業だけではなく観光地としても日本の皆様や海外の皆様に認められつつあります。

旅行客が訪れると当然ながら宿泊施設と旅行者のお腹を膨らませる飲食店が繫盛します、というか必要になります。

境港と言えばやっぱり魚介類になりますので、海鮮丼やマグロラーメン、カニ汁などを振る舞う店が多いですね。

旅行者もせっかく境港に来たのなら美味しい魚介類を食べようと思うのは当然の話です。

そこで料理の食材となる魚介類を仕入れる先として当店のような鮮魚販売業者の出番となります。

水木ロードの妖怪

トップのフィーレの写真はお料理屋さんから注文を受けた鯛と鯵とハマチのフィーレになります。

料理屋さんも忙しいので魚を丸ごと購入して自店で捌くという事をあまりしなくなりました(当たり前の話ですが店によります)。

刺身であればフィーレで買って包丁を入れて盛り付けるだけですので、誰が考えてもフィーレで買う方が楽ですものね。

また、懐石料理などを出しているところは元から自店で魚を捌いたりはしません。

すべてフィーレなどを注文するか、盛り付けされた刺身などを購入します。

魚を捌くという行為がとても面倒な手間だということは一度魚を捌いたことがある方はご存知だと思います。

ですので釣り人は魚が釣れたからと言って料理を奥さんにすべて任せるのはやめましょうw

結構大変なことなんですよw

高齢者に大好きな鮮魚を届けたい

サバと鮭

こちらは介護施設に納める冷凍のサバと鮭の切り身です。

サバは介護施設で味噌煮にするそうです、鮭は朝食用でしょうか?

介護施設なので小骨があるのはご法度で、しかもすべて殺菌するために冷凍して納品します。

ここでいつも思うのが、自分が介護施設に入ったとして魚介類中毒患者の私が冷凍された魚で満足できるんだろうか?ということです。

当店は魚介類の鮮魚移動販売をしていますが、移動販売を楽しみに待っていてくれるお客様のほとんどがかなりの高齢者です。

年々お客様が亡くなられていくのを目の当たりにしているのですが、私なら老後を移動販売を楽しみに待ってくれているお客様の立場でいたいです。

自分の好きな新鮮な魚を自分で選んで美味しく料理して食べるって、実はすごい幸せな事だと思います。

高齢になれば足腰も弱り車も運転できなくなり、大好きな魚がある鮮魚店へも行くことが出来なくなるわけです。

移動販売なんかに来られるお客様は重度の魚介類中毒者ですので、介護施設なんかに入ったら禁断症状でまともに生きていけないはずです。

介護施設で好きな干物をかじったり小骨の多いエノハを食べたりできるんでしょうか?

高齢者がメインのこの移動販売ですが、なんとか長く続けてご高齢のお客様に好きな魚をお届けしたい、じゃあどうしたらいいのか?なんて最近は自問しています。

自問だけです、答えは出ていません。

かやの鮮魚店

コメントを残す