手巻き寿司で食べる鮮魚、勢子ガニ/コウイカ/マトウダイ/イクラ/カンパチ

鮮魚を寿司飯と海苔の手巻きで食べる

手巻き寿司の材料

新鮮な鮮魚をお刺身で食べるのも大好きですが、根っからの寿司好きなのでよく手巻き寿司で魚を食べます。

今回の寿司ネタは上から「コウイカ」「カンパチ」「マトウダイ」「勢子ガニのボイル」「北海道産イクラ」

皆様の口に入る鮮魚を扱っていますので当然全食材食べます。

味を知っていないとお客様に良いところ、悪いところ、美味しい食べ方などを伝えることが出来ません。

特に解禁後の勢子ガニや松葉ガニなどの身の入りようや卵、カニミソの入り具合などは食べてみないとわかりません。

ですので、これは魚屋としての大切な仕事ですw

写真を見てもわかって頂けると思いますが、勢子ガニは内子(カニの体内の卵)がとても多く非常に物が良かったです。

外子・内子とありますが個人的には内子が大好きで、この内子をアテにお酒を飲むのといつも酒量が増えてしまいます。

カニを茹でて甲羅を開けてみて中に内子もミソもなかった時のあのガッカリ感はカニ好きの方なら一度は経験あると思います。

そういった事が極力ないようにこうやって頑張っておりますw

内子だけをアテにチビチビお酒を飲むのも美味しいですが、寿司飯にカニの身と内子をまぶした自家製チラシ寿司が最高に美味しくて、私の場合毎年のズワイガニ漁解禁後の楽しみになっています。

勢子ガニ寿司

これがなんとも言えない絶妙な組み合わせで、濃厚な内子やミソとカニの身の甘さが寿司飯とピッタリ合ってたまりません。

飲食店を始めて「カニ寿司丼」とかの名前で出したら売れそうな感じ(私の個人的な思い込み)です。

マトウダイ、カンパチは正統派寿司ネタって感じで嫌いな方はあまりいないんじゃないでしょうか?

マトウダイは見た目が「なんじゃこりゃ?」っていうほど変わった容姿の魚ですが、味はタンパクでさっぱりした白身です。

境港で水揚げされるマトウダイ、ホウボウなど白身で美味な魚達

クセがないので刺身でもフライでも煮物でもムニエルでもなんでも美味しく食べられる魚です。

こういった新鮮な魚が身近にある境港って素晴らしい・・

そして今回発見したとっても美味しい手巻き寿司がこれ。

コウイカ とイクラの手巻きは絶品!

コウイカ と イクラ の手巻き

コウイカとイクラの手巻き寿司!

コウイカのモチモチさとイクラのプチプチ感の食感も堪りませんが、それ以上にこの組み合わせがとんでもなく美味しかった。

寿司は大好きなので外食行っても旅行行っても寿司を食べますが、久しぶりに新しい美味しさ発見!ていう感じです。

イカの甘さとイクラの独特の味と塩加減のコンビが寿司飯とよく合う。

よく考えたらイカとエビの卵の軍艦巻きとかは回転ずしとかで見かけることはあるので、イカと卵の組み合わせは特に目新しいものではないですね。

ですが、一度試してみてください、絶品です!

コウイカとイクラの手巻き

 

かやの鮮魚店

コメントを残す