境港サーモン 評判良くて多くの方に注文頂きました

境港サーモン

境港サーモン 評判 良し!大変な人気でした

3月に販売開始されました「境港サーモン」ですが、そろそろ養殖ギンザケの在庫がなくなったようで、今年の販売は終了となりました。

お客様の反応も良くて、当店でもほぼ毎日仕入れていましたが毎度完売でした。

テレビCMのお陰もあって境港サーモン自体がブランド化に成功しましたね~。

当店の地元のお客様は年配の方が多いのであまりサーモンの刺身を好んで食べませんし、食べ慣れていない魚を食べようとはしませんが、この境港サーモンはCMや新聞などで話題に事欠かなかったので、食べてみようと思い立ったようです。

一番のオススメはもちろん刺身で食べるのが一番です。

水揚げされた後に直ちに1尾ずつ活〆されて血抜きをしてあるので臭みが少なく、境港サーモンは刺身で食べられます。

また、身が柔らかい銀鮭は刺身に向かないとされていますが、活〆のお陰で歯ごたえがある食感になっています。

初入荷の時に私も試食してみましたが、サーモンの刺身は一般的にやや柔らかいものですが、「歯ごたえがある」という評判通り境港サーモンの刺身はしっかりしていました。

脂ののりも良く普段食べているサーモンと比べると旨味が口一杯に広がる感じで、クセがなくて上品な味わいですね。

これは当店で販売している境港サーモンが新鮮で一度も冷凍されていないことも大きな理由だと思います。

スーパーなどで売られているトラウトサーモンやキングサーモンは冷凍が当たり前ですので、冷凍を解凍して刺身にする分味が落ちていると思います。

捌いてみると綺麗なサーモンピンク(というより赤色ですね)で、透き通るような身の透明感が新鮮さを感じさせてくれます。

境港サーモン

宅配サービスではお客様の年齢層が地元のお客様と比べて低い分、サーモンに対する反応も高くて鉄板の人気商品でした。

寿司飯を作って手巻き寿司で食べられる方、マリネで食べる方など様々ですがこの境港サーモンの時期にはリピート注文して頂けました。

小骨を抜いたフィーレも販売していましたが、刺身状態のものよりもお買い得なフィーレを購入される方が多かったですね。

みなさん境港サーモンが大好きですねw

写真は関西の料理屋さんからの注文で発送される境港サーモンです。

問合せも多く境港サーモンの知名度が年々上がっているのを感じますね。

生産者の弓ヶ浜水産は美保湾の養殖場で、生け簀14基に銀ザケ約70万尾を養殖しているそうですが、これだけ反響があるので今後はどんどん生産量を増やして頂きたいですね。

 

境港サーモン 通販はこちら

 

 

かやの鮮魚店

コメントを残す