あさり酒蒸し、アジ刺身、我が家の魚料理

あさり酒蒸し アジ刺身

あさり酒蒸し がプリプリで美味しかった!

本日も見事な居酒屋メニューですねw

今アサリの良いものを入荷していますので、試食がてら食べました。

当店の扱うアサリは熊本県産のアサリで、サイズはあまり大きくありません。

境港ではアサリがあまり獲れないのと、養殖業者も数が少なくて境港産のアサリは流通していませんね。

中海で数年前からアサリの養殖が始まったようですが、あまり話を聞かないので漁獲高は多くはなさそうです。

アサリ

アサリもしじみなどと同様に中国産・韓国産が国産の流通を上回っていて、今や流通量の6割以上が輸入品になってしまっています。

多くの魚介類で輸入品に負けつつある日本の水産漁業はどうなってしまうんですかねぇ。

当店は輸入品が好きではありませんので、これからも国産で間に合うものは多少高くても国産にこだわっていくつもりですが、なんとも悲しい現状ですね。

あさりは定番の酒蒸しで頂きました。

身がプリプリで美味しかったですね~。

熊本県産アサリは有明海や八代海の広大な干潟のお陰で、餌である豊富なプランクトンやミネラルの中で育っていますのでプリプリの身と濃厚な旨味が特徴ですね。

文句なしに美味しかったです。

あさりはボンゴレやクラムチャウダーで食べられることも多いですが、やっぱり酒蒸しやお吸い物、潮汁なんかの和食の方が深い旨味を楽しめる気がしますね。

今あさりが美味しいです、ぜひご賞味ください。

魚食は健康面で優れている!

アジ刺身

刺身ものはアジを頂きました。

去年の暮れ頃からアジ、イワシ、サバが大漁でしかも脂ののった程度の良い物が揚がっていますので、今は手ごろな値段で美味しい青物が食べられます。

アジ、イワシ、サバなんかの青物が大漁だと素直に嬉しいですね~。

昔はアジ、イワシ、サバなんかは安くて美味しい大衆魚だったのに、高級魚になりつつありますからね。

子育て中のお母さま方が安くて高い栄養分を子供に与えようとすると、必然的に安価な肉になってしまうのも頷けます。

健康面では肉食よりも魚食の方が優れているのは広く知られていて、肉の脂は多く取れば健康に悪いのに対して魚の脂は取れば取るほど身体に良い事は今や常識になりつつあります。

簡単に言うと肉の脂は中性脂肪やコレステロールを増やすのに対して、魚の脂は血液中の中性脂肪やコレステロールを減らすオメガ3脂肪酸を多く含む為、取れば取るほど身体に良いとされています。

中性脂肪やコレステロールが多いと動脈硬化の原因となるのはご存知の通りです。

オメガ3脂肪酸という言葉は聞き慣れないかも知れませんが、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)などをオメガ3脂肪酸と言い、脳の働きをよくしたり血液の凝固を防ぎ血栓を予防する働きがあります。

こうやって肉食と魚食を比べてみると魚食の完全勝利ですね~。

ただ、やっぱりネックは魚の値段ですよね。

お魚が豊富に獲れて以前の様に安く魚が手に入れば、みなさん肉より魚を食べるようになって健康になり、当店はお客様が増えてウハウハとw

なんとかそうなって欲しいですね。

セイゴフライ

こちらはセイゴのフライです。

セイゴのサッパリとした白身はフライはもちろんですが、どんな料理でも美味しく頂けますね。

刺身でもフライでもマリネでもカルパッチョでも、美味しくて境港でセイゴが人気があるのも頷けます。

凝った方ならポワレやムニエルにして、ワインと共に味わうのも良いかもw

セイゴ

セイゴは値段も手ごろですしクセがない白身ですので、魚をあまり食べつけない方でもあまり拒絶反応はないと思います。

セイゴはシーズンになると中海でお祭りの様に釣れて、地元の方は釣ったセイゴをご近所さんに配って回るので、当店の様な魚屋は商売あがったりですw

ワカメとカイワレ、ボイルダコのサラダ

ワカメとカイワレ、ボイルダコのサラダです。

生姜をのせて醤油と酢で食べるのが私の食べ方で、カイワレの辛さがワカメとよく合っています。

生わかめが最近多く水揚げされていたので大好物の私は汁やサラダでワカメを堪能しました。

生わかめを食べると乾燥ワカメが味気なく感じますねw

 

こうやって見るとほんと見事に魚食ですね~。

ワカメに含まれる食物繊維、アルギン酸、フコイダンなどが血中コレステロール値を下げたり、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐなどの効果があると言われていますので、健康面でもオススメです。

魚のオメガ3脂肪酸、ワカメのアルギン酸、フコイダンなんかを毎日摂りまくっている私は動脈硬化や心筋梗塞なんかになりそうにないですねw

かやの鮮魚店

コメントを残す