鮮魚移動販売 と食料品を買うことが出来ない「買い物弱者」

鮮魚移動販売 で買い物弱者の手助けになれればいい

毎日 鮮魚移動販売 で境港市内の一部地域を回って、新鮮なお魚をお届けしています。

これが見事に年配のお客様ばっかりで、ほとんどの方が世で言う「買い物弱者」の方ばかりです。

年と共に身体が動かなくなって、言葉が悪いですが「ヨボヨボ」でスーパーにもたどり着けない状態です。

こういった方が当店の周りでもとても増え続けていて、あと15年もしたら買い物弱者難民が大幅に増えることが容易に想像できます。

なんとか今後も移動販売でこういった「買い物弱者」と呼ばれる方々に新鮮な魚を届けていきたいと常々思っています。

地域に若者や子供がいなくなってきた

境港 鮮魚販売
境港 鮮魚販売

日本は一時をピークに人口は減少し続けて今や老人大国になりつつありますし、出生率も現在の低さが続けば近い将来日本人が滅亡するとの話も出ています。

当店は移動販売を始めて60年が経ちますが、当店のお客様もピークを越え今や年々お客様が減って行っています。

お客様が高齢化で亡くなられてしまったり、老人ホームや介護施設へと入所されたりして今は街にも人が少なくなってきました。

当店のある地域は子育て世代の世帯も少なくなってきて、今や子供が外で遊ぶ姿もあまり見なくなりましたし、新しく住み始める世帯もなく今後は寂れる一方でしょうねぇ。

ただでさえ人口が減ってきているのに、それに追い打ちを掛けて若い人が魚を食べなくなってきましたので魚屋にはつらい時代ですw

私の様な一魚屋が日本の出生率をどうこう言っても何も変わりませんが、子供を育て易い環境を政治家の偉い人達に作ってもらって、子供をバンバン作れる世の中になればと思います。

さらに全面肉の輸入を禁止、小学校の給食は毎日魚料理、朝ごはんは焼き魚、夕飯は刺身3種類以上強制なんて法律を作って、世の中の子供たちを魚好きに洗脳してもらいたいところですw

ハンバーガーはフィッシュバーガーだけ、味噌汁はシジミかあさり、お酒のつまみのサラミなどは全面禁止、代わりにスルメや干し物、ソーセージは魚肉のみ、なんてしたら完璧ですw

さらに授業で魚の捌き方や料理方法を必修科目にして頂ければ言う事なしですw

子供が増えれば人も増え、食料品や物を販売する店も出来、各種インフラも整備されます。

ぜひ政治家の皆さんに頑張ってほしいですね~w

移動販売地点は地域の方々のコミュニケーションの場でもあります

境港 鮮魚店
境港 鮮魚店

日によって移動販売のルートが違うのでお客様からしたら2~3日に1回当店が販売しに来る形になるんですが、お客様の中にはこの販売地点で知り合いと会って話をするのが好きで来られる方も多いです。

ご近所に住んでいてもイベントでもなければ一ヶ所に集うこともありませんので、当店が魚を販売しに来た時に魚をのぞき込みながらおしゃべりするのが楽しいようですね~。

そういった意味では地域の年配者たちのコミュニケーションの活性化に少しは役立っているのかなと思っています。

身体が動かず家に籠っていてもしょうがないですからね、出てきて存分にお話して刺激を受けて欲しいですね。

お客様もやっぱり食べ慣れた新鮮な魚を望んでいます

鮮魚 移動販売 イワシ
鮮魚 移動販売 イワシ

この日は鮮度が良い魚がたくさんありましたが、特に良かったのがマイワシで年配のお客様にも大人気でした。

皆さん一人で5~6匹当たり前、多い人は10匹以上買って帰ってました。

やっぱり新鮮で馴染みのある魚には目がないようで、見るからに背中が真っ青で鮮度が良いイワシは奪い合いでしたねw

ほとんどの方が塩焼きで食べると仰ってました。

喜んでもらえて良かったです。

最近よく揚がっている子持ちテナシイカや生わかめなんかも大人気でした。

自分が年老いて買い物にも行けなくなった時にこういったサービスがあってくれたら嬉しいなぁ。

最近は移動販売に来て欲しいとの要望を頂きます

鮮魚 配達
鮮魚 配達

当店のある外江地区だけでなく他の地区でも買い物弱者が増えているのが問題になっているようで、最近とある地区の方から移動販売に来てくれないかとのお話を頂きました。

話を聞いてみると地区にあった小規模な食料品店が閉店してしまって、食品が買えなくなったとの事でした。

今の時代ってコンビニがあふれていてちょっとした買い物なら困ることはないって考えるのは、車が運転できる現役世代までです。

現役世代にシャンシャン歩けていた距離も、年老いてくると何倍もの距離に感じるようになり、荷物をもつ腕にも力が入らなくなってきます。

やがて脚も衰えて外出するのが億劫になってしまいます。

歩いてたどり着ける生活環境内に小売店がない地域はすぐに陸の孤島になってしまって、老人の買い物弱者であふれてしまいます。

こういった状況を当店は身近に見てきましたので、地区の方が移動販売を望む気持ちはよく理解出来ました。

いつものルートからちょっと離れた場所ですが、距離的に問題ない距離なので先日一回目の販売に行ってみました。

初回なので物珍しさの方が大きかったのか質問攻めにあいましたが、話通り見事に年配者ばかりでしたね~。

どこの地区も同じような問題を抱えていますね。

出来る範囲は少ないですが、なんとか今後もこういった「買い物弱者」と呼ばれる方に移動販売を続けていきたいところですね~。

新鮮な魚を見て喜んでもらえるのも嬉しいですし。

かやの鮮魚店

コメントを残す