サバ・アジ・イワシの青物3兄弟が大漁!魚料理で四季を楽しもう!

境港で サバ などの青物が大漁!

最近新鮮な サバ ・アジ・イワシが境港に大量に水揚げされています。

1日の水揚げが1,000トン以上のときに境港市役所に大漁旗が掲げられますが、今年は既に何回も大漁旗が掲げられています。

特にサバが多く獲れているようですが、ほとんどが0~1歳の魚で主に加工用や養殖の餌用です。

0~1歳のサバの大きさと言われてもピンときませんが、大体1歳で25cm程度の大きさに成長するようで、1歳未満(25cm以下)のサバをローソクサバ、境港ではローメと呼んでいます。

痩せていて食用にはならず養殖マグロの餌として使われるので直接人間の口には入りませんが、ローメの群れを追ったブリやワラサが大量に獲れているので鮮魚関係者には嬉しい事ですね。

隠岐の島周辺に群れが居座っているようですので、それを追った魚が集まってくるのが期待できます。

鯖 大漁
鯖 大漁

ローメが大変獲れているというのはニュースなどでも聞きますが、ローメではなく食用になるサバ、アジ、イワシも最近境港に多く水揚げされています。

写真の様な新鮮なサバが大量に水揚げされていますので、青物大好きな私は心が弾んできますw

境港では過去にはアジやサバ、イワシが大量に水揚げされていて、水産加工会社が多くの工場を操業していました。

漁船の数も今の3倍もあって街が活気付いていたと聞きましたが、その後青物がぱったりと獲れなくなって多くの加工場が閉鎖されました。

境港は魚が水揚げされてなんぼの漁港ですから、青物が大漁に獲れて活気に溢れることを願うのは、私だけではなく多くの鮮魚関係者も同じです。

境港が活気付くのも嬉しいですが、魚が多く獲れて高止まりしている魚の値段が下がって、もっと魚が身近になることも願っています。

魚は四季を楽しめる食材!

アジ 大漁
アジ 大漁

安くて幾らでも食べられた大衆魚が漁獲高の減少で高価になり、高級魚になったなんてよく聞く話です。

アジやサバなんて安くて美味しい魚だったはずが、今や安いというイメージが無くなってしまいました。

今は魚より肉の方が安くなってしまって日本人も肉食になってきています。

魚の美味しさをよく知っている魚屋の私としては、健康に良くて旬があって季節を感じられる魚をもっと知ってもらいたいですね~。

魚って春には春に美味しい魚を食べて、夏には夏に美味しい魚を食べるっていう四季を楽しめる食材ですが、肉にはそれがありません。

季節ごとに自然の恵みを楽しく頂ける魚介類って最高じゃないですか。

旬のサバを美味しく頂こう!

サバの旬は秋から冬と言われていますが、境港で今水揚げされているサバは脂がよくのっています。

新鮮なサバは刺身で食べても大変美味ですが、アニサキスがいることがあるので刺身にするなら目視で注意しながら取り除いてやりましょう。

自信がないのなら刺身は諦めましょう、美味しくサバを食べる方法は他にたくさんありますw

多くの魚やイカにアニサキスは寄生していますが、注意して取り除いてやると問題ありません。

アニサキスは普段はハラワタに生息していますが、魚の鮮度が落ちると身に移る習性がありますので鮮度が落ちる前にハラワタを取り除きましょう。

鮮度が落ちやすい魚に当たるのは身に移動したアニサキスが原因の場合がよくあります。

60℃以上で1分以上の熱処理か-20℃以下で24時間以上冷凍すればアニサキスは死にますので、煮付けや冷凍してやると問題ありません。

ちなみに色んな魚を刺身で食べまくっている私はアニサキスに当たったことはありませんw

刺身にする時に注意して取り除いていますし大体どこに寄生するのか経験上分かっています。

しめ鯖
しめ鯖

サバは塩焼きなどで食べても大変美味しい魚ですし、味噌煮などの煮付けにもよく合います。

サバ好きの私は竜田揚げ、サバすき、しめ鯖など思い浮かべるとヨダレが出そうですね~。

特にしめ鯖は良く作って食べています。

脂ののった鮮度の良いサバで作るしめ鯖は最高に美味しくてお酒にぴったり合います。

サバ味噌煮
サバ味噌煮

こちらはサバの味噌煮になります。

今のサバは大変美味しいですよ。

ぜひ境港の新鮮なサバを一度ご賞味ください。

かやの鮮魚店

コメントを残す