ウマヅラハギ 肝が絶品! ちり鍋、刺身でどうぞ

ウマヅラハギ 肝が絶品! ちり鍋、刺身でどうぞ

ウマヅラハギ がたくさん揚がっています。

ウマヅラハギは境港で大変馴染み深い魚で特に冬に人気がありますね。

何でも煮付けにして食べる境港ですので、もちろんこのウマヅラハギも煮付けで食べられることが多いです。

旬は秋~春で、この時期大きく成長した肝が大変美味しくて人気があり味わい深い魚です。

今の時期煮付けで食べてももちろん美味しいですが、刺身やちり鍋で肝と一緒に食べるのも最高の味わいです。

皮が分厚くてゴムの様に弾力があり、捌くときは後頭部に包丁で切れ目を入れて、そこから頭を手でもいで皮も手で剥ぎ取ります。

手で皮を剥ぎ取って料理することからハギ(剥ぐ)という名前が付いたとされています。

肝も手でむしって取り分けてしまいます。

頭に生えている角の表面が粗くて網を傷めることから、漁師にも嫌われる魚でしたが、肝が美味しく食べられることやミリン干しなどで珍味として扱われ始めると途端に人気の魚に変身しました。

身は写真の様に桜色で食感はフグとよく似ています。

フグ料理屋でふぐちりを食べたお客がどうも具合が悪いのでフグの毒にあたったと思い込み、ふぐ料理屋に怒鳴りこんだところ、料理屋の主人が「申し訳ありません、当店で使っているのはフグではなくハギです。」と白状したなんて笑い話があるほど、身はフグに似ています。

フグは肝に毒を持ちますがウマヅラハギは毒がないのでこってりとした濃厚な肝を心置きなく楽しめます。

肝は一度熱湯で茹でてから刺身と合えれば良いですが、新鮮なウマヅラハギなら肝も生でも構いません。

茹で上がった肝を冷まして刺身と共に食べれば、大変濃厚なウマヅラハギの刺身を楽しめます。

ウマヅラハギ 刺身
ウマヅラハギ 刺身

ウマヅラハギの刺身はワサビで食べるより、てっさのようにポン酢で紅葉おろしの方がサッパリして合っていますね。

我が家では醤油をかけてかき混ぜた肝に、刺身をつけて食べる方法で、ウマヅラハギの肝和えを堪能しています。

写真がないのが残念ですが、このウマヅラハギの肝和えは一度挑戦してみてください。

ウマヅラハギってこんなに濃厚で美味しい魚なんだと衝撃を受けること間違いなしです。

写真の刺身ももう少し薄く刺身にすればそのまんまてっさですねw

ウマヅラハギ 刺身
ウマヅラハギ 刺身

料理屋さんで頼むとこんな感じです。

美味しそうですね~。

刺身だけでなくちり鍋、煮付け、から揚げなどで食べても味わい深い魚です。

今が旬のウマヅラハギ、大変美味しい魚です、ぜひ一度ご賞味ください。

かやの鮮魚店

コメントを残す