テナシイカ(ヤリイカ)・赤ガレイが新鮮、刺身・煮付けにどうぞ/鮮魚販売編

最近テナシイカが獲れるようで、境港市場でよく見かけます。

当店のお客様はテナシイカに限らずイカが大好物なので、市場で見かけると手頃な値段とサイズならば即仕入します。

アオリイカ・シロイカ(ケンサキイカ)・テナシイカ(ヤリイカ)・コブイカ(紋甲イカ)が境港でよく食べられているイカで、今の時期はアオリとテナシが美味しくて人気があります。

テナシイカはシロイカ(ケンサキイカ)などと比べて蝕腕と呼ばれる2本の脚が細く短いのでテナシ(手無し)イカと呼ばれています。

また正式名称は「ヤリイカ」ですが、イカの姿が槍の穂に似ていることから、漁師の間で「ヤリイカ」呼ばれたのが始まりとされています。

冬のテナシイカは煮付けでも刺身でも大変美味しい

境港では大変人気があってテナシイカは刺身・煮付けでみなさん食べられます。

アオリやシロイカと比べると身の甘さはやや落ちますが、上品な味わいが楽しめるのがテナシイカです。

子持ちのテナシイカの煮付けは最高に味が良く、独特な卵のほくほくな食感は最高に味わい深いものです。

お姐さんがテナシをご購入
ヤリイカ(テナシ)

テナシイカがあると皆さん大量購入していきます。

刺身や煮付けの人気が高いですが手巻き寿司や焼き物、一夜干しなどでも美味しく頂ける万能なイカですね。

冬のテナシイカは大変美味しいですよ、ぜひ一度ご賞味ください。

赤ガレイ
赤ガレイ

今日は赤ガレイの新鮮なものもありました。

アカガレイ、写真の通り血がにじんだような赤色だから赤ガレイと言います。

旬は秋から冬の間で、境港での食べ方は定番の「アカガレイ」の煮付けです。

境港の地元の方は魚を煮付けで食べるのが大好きですので、赤ガレイを入荷すると迷わず買って帰ります。

同じ鳥取家でも東部の賀露の方ではアカガレイの刺身が好んで食べられています。

もともと骨も硬くなくてクセのない白身の魚なので、ムニエルやフライ、焼き物などでも美味しく、カルパッチョにして食べても堪りません。

柚子と醤油とオリーブオイルなんかで食べるとワインに合うんですよ、これまた。

ちなみに福井県の方で売られている「越前カレイ」はこのアカガレイになります。

美味しい魚ですよ、ぜひ一度ご賞味ください。

ヒレグロカレイ(ベランスガレイ)
ヒレグロカレイ(ベランスガレイ)

こちらはベランスガレイ(ヒレグロカレイ)で、最近よく境港市場に水揚げされています。

当店のお客様は煮付け・干物を好んで食べられます。

べランスガレイ干物
べランスガレイ干物

身に水分を多く含む魚ですので干物にしてやると旨味が凝縮されて大変美味しく頂けます。

当店の干物商品の人気ランキングでは常に上位で、ベランスガレイの干物に目がないお客様は、天日干し状態でまだ出来上がっていないベランスガレイを予約注文されて買われます。

ですので中々在庫がたまっていきませんw

大変美味しい干物です、ぜひ一度ご賞味ください。

移動販売鮮魚店の魚
移動販売鮮魚店の魚

今日は雪も降っていますしお客様があまり出てこられないかもしれませんね~。

 

かやの鮮魚店

コメントを残す