ダンダラ(石鯛)の塩焼き・煮付けが美味/今日の晩御飯編

ダンダラ の塩焼き、煮付けは大変美味

写真が今一つですが、本日の夕御飯の一品、 ダンダラ です。

ダンダラ 塩焼き
ダンダラ 塩焼き

境港ではダンダラと呼んでいますが、正式名称は石鯛になります。

ある程度大きくなるとサザエなどを食する強い魚で釣りのターゲットとして大変人気があります。

味は少し磯の匂いがしてクセがありますが、このクセが良いという人も多く自分もその一人です。

私の場合、小さいサイズは煮付け、ある程度のサイズは塩焼きか、刺身にして食べてます。

境港では陸からの釣りでも釣れる魚で、自分も何度も釣りましたが引きは強烈でなかなか楽しませてくれます。

中野港でもカニ餌のチヌ狙いの落とし込み仕掛けでねらえますし、夏までの小型(チンチン)はオキアミで普通に数釣りが出来ます。

境水道で境港の外江の対岸の防波堤でも釣れます。

石鯛 ダンダラ

ちなみに料理前の魚はこんな感じです。

これ以上大きくなると潮の流れの激しい磯などに移動して防波堤などからは釣れなくなります。

ダンダラ 煮付け
ダンダラ 煮付け

境港の方はこのダンダラが大好きで、煮つけで食べるのがほとんどのようです。

ただ、こちらの地元の方の煮付けは味が濃いw、甘いわ辛いわで煮付けの上品な味を期待して食べるとちょっと期待はずれかもしれません。

ダンダラ 石鯛
ダンダラ 石鯛

ダンダラは境港の方には馴染み深い魚でよく皆さん購入されます。

煮付けにしても塩焼きにしても一枚一人前に丁度のサイズなので晩ご飯や昼ご飯のおかずの一品として重宝されています。

境港の特に中海側の方が好んで食べられますね。

かやの鮮魚店

コメントを残す