在庫なし

ヨナキガイ(テングニシ) 1個

¥350¥600

夜泣き貝( ヨナキガイ )と呼ばれている珍しい貝で、正式名称「テングニシ」といいます。

⇒ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

 

この夜泣き貝(テングニシ)は主に広島県の方で食用として人気があり、広島県で漁獲高のかなりの割合が消費されているようです。

なぜ、夜泣き貝というのかというと子供が夜泣きをした時に薬として用いたという説や、夜泣きをした子供の横にこの貝をおくと泣き止んだという説など色々あるようですが、語源は子供の夜泣きのようです。

 

境港では人気があって、主に刺身・塩茹、次に煮付けで食べられています。

コリコリとした食感がよく、独特の甘みのある身は刺身で食べると病みつきになるかも。

ハラワタは苦いので食べるのはもちろん貝ごと煮てもいけません、むき身ではらわたを落とした身だけにして料理しましょう。

 

ぜひ一度ご賞味ください。

テングニシ 1個、S (100~150g)、M(200g前後)、L(300g前後)の3サイズから選択頂けます。

 

※境港ではこの テングニシ が夜泣き貝と呼ばれていますが、アカニシを夜泣き貝と呼ぶ地方、コナガニシ(アカベ)を夜泣き貝と呼ぶ地方もあってややこいので、ご希望の貝の正式名称を確かめてからご注文ください。

クール冷蔵便

Clear selection
商品コード: KYN00088 カテゴリー: , タグ:

説明

テングニシ 夜泣き貝

夜泣き貝( ヨナキガイ )と呼ばれている珍しい貝で、正式名称「テングニシ」といいます。

⇒ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑

 

この夜泣き貝(テングニシ)は主に広島県の方で食用として人気があり、広島県で漁獲高のかなりの割合が消費されているようです。

なぜ、夜泣き貝というのかというと子供が夜泣きをした時に薬として用いたという説や、夜泣きをした子供の横にこの貝をおくと泣き止んだという説など色々あるようですが、語源は子供の夜泣きのようです。

ヨナキ貝 刺身

境港では人気があって、主に刺身・塩茹、次に煮付けで食べられています。

コリコリとした食感がよく、独特の甘みのある身は刺身で食べると病みつきになるかも。

ハラワタは苦いので食べるのはもちろん貝ごと煮てもいけません、むき身ではらわたを落とした身だけにして料理しましょう。

 

ぜひ一度ご賞味ください。

テングニシ 1個、S (100~150g)、M(200g前後)、L(300g前後)の3サイズから選択頂けます。

 

※境港ではこの テングニシ が夜泣き貝と呼ばれていますが、アカニシを夜泣き貝と呼ぶ地方、コナガニシ(アカベ)を夜泣き貝と呼ぶ地方もあってややこいので、ご希望の貝の正式名称を確かめてからご注文ください。

クール冷蔵便

 

⇒コナガニシ(アカベ)はこちら

追加情報

重さ0.3 kg

レビュー

レビューはまだありません。

“ヨナキガイ(テングニシ) 1個” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です