在庫なし

シロハタ(ハタハタ)大サイズ 500g

¥810 (税込)

「 シロハタ 」は底引き網漁で獲れる魚の代表格で境港では大変人気のある魚ですね。

東北地方では貴重なタンパク源として重宝されていて、塩漬けやみそ漬け、魚醤(しょっつる)などに加工されて食べられていました。

鳥取も漁獲量が多くシロハタ寿司や干物、甘露煮などで食べられていて、シロハタ寿司は賀露大明神春祭り(ホーエンヤ祭り)の行事食となっています。

境港では主に煮付けと塩焼き、干物で食べられています。

 

東北で獲れるシロハタ(ハタハタ)は産卵のために海面に上がって来たものを獲るので卵を持っていますが、鳥取県ではエサ場である深海にいるシロハタ(ハタハタ)を底曳網で獲るので子は抱えていませんが脂がのっています。

焼き魚や煮物で食べるなら脂がのっている鳥取県近辺の日本海で獲れるシロハタ(ハタハタ)の方が美味しく頂けます。

底曳網の漁期は9月1日から5月31日まで。今年も解禁!

一匹100g程度ですので、500gで5~6匹ほどになります。

姿のままお届けします。

クロネコヤマトのクール冷蔵便での発送になります

在庫切れ

商品コード: KYN00092 カテゴリー: タグ:

説明

「 シロハタ 」は底引き網漁で獲れる魚の代表格で境港では大変人気のある魚ですね。

正式名称が「ハタハタ」で「ハタハタ」という言葉は昔の擬声語でカミナリが鳴る音を表していて、現在の「ゴロゴロ」という言葉に当たります。

別名「カミナリウオ」と呼ばれるように雷が鳴る時期に獲れたので「ハタハタ」と呼ばれるようになったそうです。

以前は大漁に獲れていて東北地方では貴重なタンパク源として重宝されていて、塩漬けやみそ漬け、魚醤(しょっつる)などに加工されて食べられていました。

鳥取も漁獲量が多くシロハタ寿司や干物、甘露煮などで食べられていて、シロハタ寿司は賀露大明神春祭り(ホーエンヤ祭り)の行事食となっています。

境港では主に煮付けと塩焼き、干物で食べられています。

シロハタ(ハタハタ)

東北で獲れるシロハタ(ハタハタ)は産卵のために海面に上がって来たものを獲るので卵を持っていますが、鳥取県ではエサ場である深海にいるシロハタ(ハタハタ)を底曳網で獲るので子は抱えていませんが脂がのっています。

ですので焼き魚や煮物で食べるなら脂がのっている鳥取県近辺の日本海で獲れるシロハタ(ハタハタ)の方が美味しく頂けます。

 

底曳網の漁期は9月1日から5月31日まで。今年も解禁!

 

一匹100g程度ですので、500gで5~6匹ほどになります。

姿のままお届けします。

クール冷蔵便

追加情報

重さ0.6 kg
配送方法

レビュー

レビューはまだありません。

“シロハタ(ハタハタ)大サイズ 500g” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。