魚介類移動販売、今境港で魚が獲れています

魚介類移動販売

魚が多く獲れて 魚介類移動販売 も好評

境港では今年何回も大漁旗があがるほど魚が獲れていて、市場も活気があふれています。

魚が獲れて嬉しいのは漁師さんだけではありません、仲買さんや当店のような鮮魚販売業者もそうですが、お客様も程度の良い魚を手頃な値段で食べられますので素直に喜んでもらえます。

アマエビ、本ギス、トビウオ、シロイカなどお客様も馴染みの魚介類を多くの魚の中から選んでもらえます。

これが時化で魚が少ないときは選んで頂けるほど魚を仕入れる事が出来ませんので、お客様も魚を見てもあまり喜びませんね~。

当然ですが魚屋に魚がなければ話になりませんもんね、やっぱり多くの魚をずらっと並べていたいものです。

本ギス、カサゴ、アジなどの馴染み深い魚はみなさん躊躇せずに買って帰ります。

当店の移動販売地点に来られるお客様は年配の魚介類中毒患者さんなので、魚がなければその日の料理が出来ないと言われます。

当店のお客様のような年配者が若かったころは、魚介類も豊富に獲れて今の様に魚の値段が高くなかったので自然と魚中心の食事になったのでしょうが、今は魚がとんでもなく高くなってしまったので肉食中心の家庭が増えましたね。

魚介類移動販売

アジやサバ、イワシなんか私の小さい頃は山ほど店に並んでいたのを覚えていますが、今は魚を買う人も減りましたし魚も高くなってしまって今後そんな光景を見ることはなさそうです。

魚がこんなに貴重で高くなる原因はある程度解明されていて、一言でいうとズバリ「乱獲」とお国の調査機関や識者が指摘しています。

要は魚が成魚になる(価値が高くなる)前に根こそぎ獲ってしまうので、子孫を残す資源の源の成魚が減少してしまい魚自体が少なくなっているという状況です。

こういった状況でも漁師さんは生計を立てる為に魚を獲り続けないといけませんので、少ない魚をさらに減らしているのが現状です。

ノルウェーなどの水産先進国はこういった状況を克服して水産資源および水産業の立て直しに成功していますので、日本も早く対策して早い者勝ちの乱獲が当たり前の今の現状を変えて欲しいですね。

水産関係省庁の国の頭の良いエリートさんはとっくに現状を知っているはずですので。

一地方の零細鮮魚店からのお願いですw

活マスカレイ、トビウオなども好評です。

マスカレイは魚屋の私が売りながら「晩ご飯で食べたいから売れ残ってくれ!」と心で念じていますが、残念ながら最近は売れ残ることがありません。

美味しい魚をみなさんよくご存じですw

今魚介類がたくさん獲れて美味しい時期です。

ぜひ境港の美味しい魚をご賞味ください。

かやの鮮魚店

コメントを残す