アカニシ(アカベ)が初物、刺身が最高に旨い!

アカニシ アカベ

アカニシ (アカベ)今年初入荷!

久しぶりにというか、この貝が大好物な私からすると「待ってました!」と口に出てしまう位待ち望んでいた貝です。

こちら境港では「アカベ」と呼ばれる大変な人気の貝で、その味は刺身や炊き込みご飯で食べた人を唸らせる程美味しい貝です。

正式名称は「コナガニシ」と言いますが、境港では「アカニシ」「アカベ」と呼ばれています。

底引き網漁で獲れるそうですが、ここ最近はサッパリ市場で目にすることはありませんでした。

たまにあったとしても大変な人気があって、当店ではどうしようもない程の高値で競り落とされていましたね~。

境港で高値で競り落とされたアカニシは広島へと運ばれて、料理屋などで食べられるそうですが、果たしてどんな値段で食べられているのかは興味ありますね。

競り値がもうとんでもない値段ですので、貧乏性の私なんかはとても口に出来ない値段なのは想像つきますw

アカニシ アカベ 刺身

アカニシ(アカベ)の美味しさを一番感じられるのが、この刺身!

身の部分の甘みが強くて独特の味わいを持ち食感もコリコリと文句なしで、一度食べると病みつきになること間違いなしですw

私もこのアカニシの刺身にハマった一人で、アカニシがあれば必ず刺身で頂きます。

当店のお客様も皆さん大好きで、好きなお客さんは箱買いしていきますw

アカベ アカニシ

お子さんやお孫さんが帰って来た時用に冷凍保存されるお客様も多く、初物のアカベはお客さん同士の奪い合い状態ですねw

刺身はもちろん大変な美味しさですが、炊き込みご飯の具として使ってもアカベの旨味が十分に味わえます。

魚屋の私ですがアカベに関しては貝の中でナンバーワンの美味しい貝だと思っていますね~。

二番手はエゾボラモドキ(赤バイ)、三番手はニイナ(ガンガラ)かエッチュウバイ(白バイ)ですね、私の場合w

騙されたと思って一度食べて貰いたい貝ですが、スーパーなどでは売っていませんので入手は困難ですね。

アカベを刺身にする時に面倒なのが殻剥きで、この作業を面倒がって敬遠されるお客様も多いですね。

面倒なのは確かで、アカベを貝ごと木槌で叩いて殻を割り、身だけを取り出して綺麗に洗ってやらないといけません。

食べられるのは身の部分だけですので内臓などはすべて綺麗に取り除いてやります。

その後身の部分を水洗いして刺身の出来上がりです。

ぬめりを取る為に塩もみをする方もいらっしゃいますが、あまり洗い過ぎるとアカベの旨味も無くなってしまいますので、我が家では表面に付いた貝殻などをさっと落とす程度にしか洗いません。

美味しいものは手間が掛かるって言いますが、まさにその通りです。

アカベの刺身、ぜひ一度食べてみて下さい。

その美味しさにビックリすること間違いなしです

かやの鮮魚店

コメントを残す