ノドグロ一夜干し、金魚サイズですが味は王様

ノドグロ一夜干し

ノドグロ一夜干し は干物の王様

気温や風の吹き具合が干物作りに適しているようで、干物の出来が良いです。

今のうちに干物をたくさん作っておこうと思い、先日からエテカレイ、シロハタ、ベランスガレイなんかの干物魚を干しまくっていますw

エテカレイなんかも脂がのっていて、しかも今魚が結構獲れていますのでお手頃価格で入荷できています。

美味しい魚がお手頃価格で手に入り干物に最適な気候となると、干物作りが好きな私にとっては腕の見せ所ですね~。

ノドグロ アカムツ

ノドグロはサイズが大きくなると一本が一万円近くなることもある超高級魚ですので、地元の方も食べるのに躊躇される場合が多いです。

ですので家族が帰郷するなどの何かしらのイベントがないと上等なノドグロを食べる踏ん切りがつかないお客様もいらっしゃいます。

サイズが立派なノドグロはそういった理由から敬遠される事が多いですが、写真のような金魚サイズのノドグロはノドグロとしてはまぁまぁお手頃価格ですので、市場に金魚サイズがあれば積極的に仕入れるようにしています。

高級料理屋さんなどに卸すならいいサイズをバンバン仕入れるんですけど、当店のお客様は殆どが一般家庭のお客様ですので、お財布に優しい仕入を心がけるようにしています。

ノドグロ アカムツ

サイズが小さいからと侮れません、サイズが小さくても干物の王様と呼ばれるだけあって大変美味しい魚で、境港では鉄板の人気魚ですね。

ノドグロは小さくても味が落ちないのが特徴ですので、小さいサイズはお得感ありですね。

特に年配の方はノドグロに目が無くて鮮魚があれば煮物や塩焼きで食べ、干物があれば炙って食べと、ノドグロがあれば

大量購入して冷凍保存しているようです。

ノドグロ開き干し

観光客にも人気が高いようでお魚センターや大漁市場なかうらなんかでは、ノドグロの干物がたくさん並んでいます。

写真は大漁市場なかうらに置いてあったノドグロですが、真空パックされているプレミアムノドグロ開き干しの値段は幾らぐらいだと思いますか?

なんと驚くなかれ、5,000円を超えています!

5,000円超えるノドグロって、はぁプレミアムだからですか?

食べる時に「この一口が500円」なんて考えて、貧乏性の私にはとても美味しく食べられません、無理無理カタツムリです。

まぁ、こういうのを購入される方は贈答用として購入される方が多いのでしょうね。

確かにこんな上等なノドグロはプレミアム感ありますもんね。

ノドグロ べランス イワシ イサキ 干物

サイズが小さいので開いて干すまでの手間が大変ですが、人気の高さとお客様のリクエストの声の大きさの前には黙って作るしかありませんw

一度ノドグロ干物を食べたお客様は「今日はノドグロ干物はないの?」と口にされる事が多いですね。

暗に「ノドグロの干物が食べたいから作れよ」とおっしゃっているんですがw

ノドグロ一夜干しを肴に美味しいお酒を頂くのもお酒好きにはたまりませんね。

私はノドグロを肴に白ワインを頂くことが多いです。

ちなみに当店のノドグロは一枚5,000円も致しませんw

ノドグロ一夜干し、大変美味しいです、ぜひご賞味ください。

今ノドグロに限らず魚が大変美味しくて、値段も手ごろです。

ぜひ春の美味しい時期のお魚をご賞味ください。

 

かやの鮮魚店

コメントを残す