カサゴ ナダメバル など煮付け魚が新鮮

カサゴ ガシラ

カサゴ ナダメバル ベラガレイが新鮮!

最近の天候の悪さから漁師さんも海に出れないようで、市場に魚がありませんでした。

あってもとんでもない高値で、当店のような吹けば飛ぶような鮮魚店では仕入れることが出来ません。

鮮魚宅配サービスも移動販売もほぼ今週はお休みでした、泣ける。

まぁ、お天道様に文句を言ってもしょうがないので気持ちを切り替えて頑張りますw

本日は久しぶりに天気が良くて市場に魚がありました。

カサゴ(ガシラ)の手頃で新鮮なものがあったので入荷、見るからに美味しそうな格好で煮付け姿が頭に浮かびますw

境港では煮魚が大変人気がありますね~、特に年配の方が何でも煮付けて食べるのでカサゴの様な煮付けが美味しい魚は好評です。

頭が大きくて歩留まりが悪いと言って嫌うお客様も中にはいますが、至って少数ですね。

好きな方は煮付けで身を食べた後に骨に湯をかけて飲む「骨湯」を楽しむほど大好きですし、家族が帰省するなどのイベント時にカサゴの煮魚で家族をもてなす事も多いです。

以前はそうでもなかったですが、今は値段が上がってしまって本当の高級魚になってしまいましたね。

旬は秋~春で、クセがない白身の上品な味は煮付け、刺身、から揚げなどどんな料理でも美味しく頂けます。

今カサゴが美味しいです、ぜひご賞味ください。

カサゴ メバルは定番の煮付け魚

ナダメバル
ナダメバル

こちらはメバル、境港では「ナダメバル」と呼ばれています。

メバルという名前は目が張り出しているので「眼張る」→「メバル」と名付けられたそうです。

黒っぽいメバルが「クロメバル」、赤いのが「アカメバル」ですが、境港では「ナダメバルの黒」「ナダメバルの赤」なんて呼び方で呼ばれています。

カサゴもそうですが、このメバルも以前はよく獲れていましたし、釣りに行って竿を出せばすぐに釣れる馴染みの魚だったのですが、今や数も少なくなって高級魚の仲間入りですね。

日本の魚はなんでもかんでも高くなってしまっていますが、やっぱりこれは無計画な乱獲のせいでしょうね~。

早い者勝ちで稚魚まで根こそぎ獲ってしまう今の規制なき漁業ではこういう結果になるのでしょうね。

資源を枯らさずに漁獲高を上げているノルウェーの様に日本も漁業先進国へと脱皮してもらいたいです。

このメバルも煮付け魚として境港では大変に人気がありますね。

身が柔らかく、煮付けると良い出汁が出て大変美味で煮魚の定番魚というのも納得です。

こちらも旬は秋~春ですので、今が一番美味しい時期です。

ぜひご賞味ください。

ベランスガレイ
ベランスガレイ

こちらはベランスガレイ、正式名称は「ヒレグロガレイ」と言います。

底曳き網で大量に獲れるカレイで鮮魚で売られる一方で、加工品の原材料としても多く利用されています。

加工品では主に干物として加工されていて、こちら境港ではベランスガレイの干物は大変人気があります。

ベランスガレイ干物
ベランスガレイ干物

ベランスガレイは身に水分を多く含んでいてやや水っぽいのですが、干物にすることで水分が飛んで旨味が凝縮され、独特の旨味を楽しめます。

当店の干物の人気ランキングでも常にトップ争いをしている干物の一つです。

鮮魚でも人気があって煮付け魚として人気がありますね。

ベランスガレイ干物 通販はこちら

 

やっぱり魚がないと面白くないですね~。

天気も回復しましたし、漁師さんがじゃんじゃん魚を獲って来てくれることを願っています。

今日も頑張ります。

かやの鮮魚店

コメントを残す