ミズダコ、マスカレイ(マコガレイ)、アジ が新鮮!

ミズダコ マスカレイ アジが上等!

お手頃な ミズダコ があったので入荷しました。

大きいですね~、さすがタコ類で最大のタコです。

捕獲された過去最大のミズダコは体調9m、重さ270kgもあったというからビックリですね。

私みたいな小心者は海でダイビングとかしていてこんな大きなタコと出くわすとパニックになる自信がありますw

マダコと比べて水っぽい身ですが、マダコがあまり獲れない現在はタコ料理の主役となっています。

ミズタコは刺身・酢の物・タコ焼き・煮物など昔から日本人には大変馴染み深く、今ではマリネなど多くの料理に使われています。

特に足を薄く切った刺身は人気があって、当店のお客様はそのまま刺身か酢の物で食べることが多いです。

ミズダコ
ミズダコ

大きく見えたミズダコも皮や吸盤をとって脚だけにするとこんな感じです。

ミズダコは生を刺身で食べても美味しいですし、さっと茹でてから醤油で食べるのもまた美味しいものです。

ぜひ一度ご賞味ください。

今日はマスカレイ(マコガレイ)の活があったので入荷。

マスカレイはカレイの中ではメジャーなカレイで、境港でも一番食べられているカレイの一つです。

特に活マスカレイは大変人気があって活マスカレイがあるとお客さまが他のお客様と競って購入されます。

境港では煮付けで食べるのが王道ですが、刺身や唐揚げ、ムニエルでも大変美味しくいただけます。

境港ではマスカレイという呼び名以外にクチボソガレイとも呼ばれていますし、大分県のブランドカレイ「城下ガレイ」もこのマスカレイになります。

日本では大変馴染み深いカレイでカレイの煮付けというとこのマスカレイの煮付けを指します。

旬は暖かい時期ですが上品な身の味わいは季節を選びません。

ぜひ一度ご賞味ください。

アジ
アジ

アジも上等なものがありました。

ここ最近はアジ・マイワシ・カタクチイワシ・サバなどの青物が多く水揚げされています。

海の中で何か変化があったのかも知れませんが、青物の水揚げがこれだけ多いのはここ最近ないことですね。

一時境港で青物の漁獲量が大変多くなって缶詰工場などが増えた青物バブルの時代がありましたが、このまま漁獲量が増えていくと青物バブルの再来となるかも知れません。

マイワシ・カタクチイワシ・アジなどが増えるとこれらの魚を追って大型の魚が回遊してきますので、さらなる水揚げが見込めますね~。

鮮魚店の当店としては青物バブルが来ても恩恵はあまりないと思いますが、加工食品会社などが潤って地域が活性化すると嬉しいですね。

なにより境港は魚が獲れないと活気がありませんので、ぜひとも多くの魚が獲れて欲しいですね~、青物バブルよカモンw

鮮魚移動販売
鮮魚移動販売

今日も新鮮な魚をお届けします。

かやの鮮魚店

コメントを残す