オニエビ・モサエビ(ドロエビ)がイケてる!/鮮魚販売編

オニエビ・モサエビ(ドロエビ)が新鮮!

久し振りにオニエビとモサエビ( ドロエビ )を見つけたので即入荷しました。

山陰のオニエビは漁獲量が少なく貴重な海老で、なかなかお目にかかれません。

今回もモサエビの箱の中にオニエビが少量混じっていた程度で、オニエビが大量に競りに掛かっているのをここ最近は見たことがありません。

希少なこともあり値段も高価でスーパーなどで見かけることもありませんね。

このオニエビ、値段も良い値段ですが味も大変良く、身は濃厚で甘さがあり大きな頭に詰まったみそも濃厚そのものです。

焼いて食べてよし、お刺身で食べてよし、味噌汁や吸い物で食べても良い出汁が出て大変美味しく頂けます。

私は焼いたオニエビが大好きで、香ばしい身はもちろん、頭のみそも好物中の好物です。

私の大好きな白ワインにピッタリ合って、ついついお酒がすすみますw

個人的な好みですが味はエビの中でもトップクラスだと思っています。

あまり目にする機会がないエビですが、ぜひ一度ご賞味ください。

モサエビ ドロエビ
モサエビ ドロエビ

こちらはモサエビ(ドロエビ)、正式名称は「クロザコエビ」と呼ばれています。

このモサエビもオニエビに負けず劣らず美味しいエビで、刺身はアマエビ(ホッコクアカエビ)より身がしっかりしていて、甘さや旨味も引けをとりません。

塩焼きで食べても香ばしくて甘く、エビ好きには大変人気がありますね~。

茹でても煮てもエビ自体に旨味がありますので、どんな料理でも美味しく食べられるオールラウンダーなエビです。

鮮度が落ちるのが早く、鮮度が落ちるとすぐに黒くくすんでしまうため遠隔地への出荷は難しく、地元でしか味わえない幻のエビと呼ばれています。

このエビも私の大好物の一つで、白ワイン片手に塩焼きで食べて舌鼓をうっています。

こんな美味しいエビが食べれるってやっぱり境港は素晴らしい!

ぜひ一度ご賞味ください。

かやの鮮魚店

コメントを残す