久し振りにサザエを入荷、白バイ(エッチュウバイ)、赤貝(サルボウ貝)と貝尽くし/鮮魚販売編

手頃な サザエ がありましたので久し振りに入荷しました。

サザエ は壺焼き、刺し身、煮付けで食べると美味しい貝で、旬は冬~春になります。

サザエと言うと夏の海岸でBBQで食べるイメージもありますが、実は夏は産卵の時期ですので身が痩せていて一番美味しく食べれる季節ではありません。

境港の地元のお客様はなんでも煮付けで食べますので、もちろんサザエも煮付けで食べます。

大型のものは炊き込みご飯の具として食べますね~。

境港では炊き込みご飯を結構な頻度で作って食べる方が多くて、サザエ・アカベ(コナガニシ)・サルボウ貝など貝を具にして皆さん食べられています。

これがまた味が濃いのが特徴で、私は炊き込みご飯は嫌いではありませんが、地元の方が作った炊き込みご飯はちょっと食べられませんw

いや、ホント嫌いではないんですが・・

日本海の様に潮の流れが速い場所のサザエは角があって、潮の流れが遅い地域は角がないと聞いたことがありませんか?

私も以前は誰かに聞いてうのみにしていましたが、実は潮の流れと角の大きさは関係がなくて遺伝的な要素が大きいということが近年分かってきたそうです。

ぜひ一度この旬の時期にサザエをご賞味ください。

白バイ(エッチュウバイ)
白バイ(エッチュウバイ)

こちらも最近よく水揚げされている白バイ(エッチュウバイ)になります。

境港では大変人気がある貝で刺身で食べるか塩茹でにしてよく食べられています。

このシロバイは関東でも大変人気があって、こちらの市場で水揚げされた白バイが関東地方に多く出荷されて多くの方に食べられているようです。

ただ、関東地方では刺身はあまり人気がなく、どちらかというと小ぶりの方が高価だそうです。

当店のお客様の食べ方はもっぱら刺身ですね。

食感は貝の中では柔らかく、なんとも言えない身の甘さが人気です。

刺身の場合は写真の様に木槌で貝を割って身だけを取り出して綺麗に洗ってやると、美味しそうなプリプリの身に大変身します。

コリコリとした食感と白バイ独特の甘さが口に広がって満足度100点です。

また、白バイは赤バイなどと違って貝毒を持ちませんので、刺身でも塩茹ででも安心して食べられます。

白バイの煮つけ

塩茹でや煮付けも人気があって、貝毒がない事もあり写真の様に丸ごと煮ることができます。

塩茹でされた白バイの身をフォークで取り出して丸ごと食べた時の幸福感はぜひ一度味わうべきですw

私は塩茹でした白バイを食べながら辛口の白ワインを飲むのが大好きで、白バイの甘さとワインの辛さのコンビネーションに病みつきになっています。

ぜひ一度ご賞味ください。

赤貝(サルボウ貝)
赤貝(サルボウ貝)

赤貝(サルボウ貝)も根強い人気がある貝で、特に境港・松江近辺の方はこの貝に目がありません。

主に煮付けで食べられますが、味噌汁などの汁物や佃煮、炊き込みご飯の具など貝自体に大変旨味があってどんな料理でも美味しくいただけます。

小さくて面倒ですが刺身で食べても美味しく頂けます(私は一度挑戦しましたが面倒臭さに二度としていませんw)

写真の煮付けで2㎏になりますが、正月の我が家ではあっという間に無くなってしまい追加で2㎏煮付けを作りました。

煮付ける際には綺麗にサルボウ貝を洗って泥などを落としてから煮付けましょう。

また火の通し過ぎは貝のプリプリした食感を台無しにしてしまいますので、火の通し過ぎには気を付けましょう。

適度な火加減と加熱時間で煮付けたサルボウ貝は、プリプリした食感とジューシーな貝汁がとても美味しくて病みつきになります。

サルボウ貝は大変人気がありますね~。

私の場合はサルボウ貝をさっと茹でて貝の身を取り出し、ワインビネガーとバジルと塩でピクルスを作ります。

ワインビネガーとバジルの風味が効いたサルボウ貝のピクルスは、とても酸っぱいですが私の好物の一つです。

ただ私以外の人は酸っぱいと言って食べませんので、あまり美味しくはないんでしょうねw

サルボウ貝のピクルス
サルボウ貝のピクルス

宍道湖ではサルボウ貝を養殖していますが、大変な高値で私の様な庶民に買える値段ではありません。

去年の年末にはあまりの高値に養殖場からサルボウ貝を盗む窃盗事件が相次いで発生しました。

せっかく育てた貝を出荷直前に盗まれたら泣くに泣けませんね。

人気のサルボウ貝、ぜひ一度ご賞味ください。

かやの鮮魚店

コメントを残す