お正月休み、ハマグリ雑煮、書初め、初詣/魚屋の休日

ハマグリ雑煮 はやっぱり美味しい

今年は12月31日~1月8日までお正月休みを頂きました。

お陰様で年末にかけての戦争のような忙しさでくたびれた身体と心も十分リフレッシュ出来ました。

のんびりとお節をつつきながらお屠蘇を頂いて、ほろ酔い気分を味わった後にハマグリ出汁が効いた雑煮を食べてテレビで漫才を見る、という普段では考えられない贅沢な時間を過ごせて幸せでしたw

この時間がずっと続けばいいなと思いますが、普段忙しくしているからこうやってのんびりと過ごす時間が贅沢だと思えるのであって、普段からゴロゴロしていたらこんな幸福感は感じられそうにありません。

ハマグリ雑煮
ハマグリ雑煮

毎年年末に餅つきをして正月の餅を用意しますが、やっぱり自家製の餅は柔らかくて懐かしい味がしますね~。

普段は鍋などでは市販のお餅を使っていますが、お正月はやっぱり市販のお餅では物足りませんね。

写真のお雑煮はちくわがのっていますが、私としたことがかまぼこを用意するのを忘れていて急遽ちくわを使いました。

ハマグリの出汁の利いたハマグリ雑煮は我が家の昔からの雑煮で、この雑煮を食べると正月だと実感します。

今年も元旦の初詣は白尾神社にお参りしました。

本当は年明け前から年越し大祓の「輪くぐり」、それから初詣をして年越し行事の福引などを楽しみたかったのですが、大晦日にお酒を頂いて不覚にも寝入ってしまったので行くことが出来ませんでした。

白尾神社の宮司様に「ぜひ顔を出してください」と言われていたのですが、すいませんでした。

元旦は白尾神社には家族連れが何組かいる程度でのんびりとお参りすることが出来ました。

白尾神社のご際神は伊勢神宮から勧請(神様のおいでを願う事)した天照大御神(アマテラスオオミカミ)、豊受姫神(トヨウケヒメノカミ)になります。

豊受姫神(トヨウケヒメノカミ)は食物の神であり食物・穀物を司る女神ですので、鮮魚店を営む私はお賽銭を少し多めに入れてきましたw

休みの間に心身ともにリフレッシュさせてくれたのが、竹ノ内団地夢みなとタワーの横にある「天然温泉ほのかみ」とJR境港のみなとさかい交流館4F「さかいポートサウナ」です。

ゆっくり風呂につかってサウナで汗を流す時間は最高で、疲れた体をすぐにリフレッシュできました。

「天然温泉ほのかみ」は大浴場が広いのと露天風呂があるのがいいところですね。

何年か前に経営者が変わったのですが、以前の経営者の時は経費削減の為でしょうが風呂のお湯の温度とサウナの温度が低くて私はイマイチだったです。

経営者が変わってから家族風呂やサウナが充実され風呂の温度なども高くなってお客様が増えてきましたね。

ただ男風呂のサウナは広くなったようですが、女風呂のサウナは狭くてせいぜい2~3人しか使えず、しかもそこを常連さんが居座っているのでとても気持ちよく入れたものではありません。

お風呂を出た休憩所にマッサージ機がありますので、湯上りに体をのんびりとほぐせます。

料金は一般が700円ですが、会員になって回数券を購入すると実質500円弱になります。

こちらは「さかいポートサウナ」です。

「さかいポートサウナ」は女性の場合午前中ならなんと300円で利用できます。

朝8時30分~オープンしていますので、朝風呂をのんびりと楽しめます。

設備はサウナと大浴場だけですがほのかみと比べてサウナが広いので、常連居座り客がいてもあまり気になりません。

これで300円はとてもお得ですので、午前中は女性客が結構いらっしゃいます。

男性は510円で回数券を購入しても実質500円弱ですので、男性には露天風呂と広いサウナが楽しめる「天然温泉ほのかみ」の方が人気があるようです。

「天然温泉ほのかみ」の隣の夢みなとタワーでは、お正月に子供たちが遊べるように羽子板や独楽回しなどの遊び道具が用意してあり、1Fの会場で子供たちが昔ながらのおもちゃで遊んでいました。

羽子板や独楽なんてもう永い間触ってもいませんでしたし、見たこともありませんでした。

懐かしかったですね~。

筆と墨汁も置いてあり書初めも出来ました。

今年も良い年でありますように。

かやの鮮魚店

コメントを残す