ベランスガレイ干物・テナシイカ刺身・長芋短冊(ねばりっこ)・ボイル松葉ガニ/晩御飯メニュー編

ボイル松葉ガニ カニみそたっぷり、身も詰まっていて文句なし

干物作り・御用聞き・松葉ガニ/通販注文の発送作業などで忙しい毎日ですが、これも年末までと自分に言い聞かせております。

さすがに晩御飯の料理などは手の込んだ物は作れませんので、焼くだけ切るだけの料理になってしまいます。

それに味を確かめておきたい商品もございますので、本日は晩ご飯はやむなく試食ですw

テナシイカ(ヤリイカ)刺身、明太子、ボイル松葉ガニ、桃太郎トマト、長芋短冊(ねばりっこ)、リンゴ、ベランスガレイ干物の焼き物になります。

完全に居酒屋メニューですね~w

ちょっと身を散らかしてしまいましたが、白身のフワフワな身で甘く濃厚な旨味があります。

ベランスガレイの鰭が長くて焦げやすく、普通に焼くと真っ黒に焦げて炭になりますので、焼く前にハサミで余分なヒレを切り落とします。

べランスガレイの生は煮付けで食べられている魚ですが、身が水っぽくてあまり人気がありません。

これが干物にすると身の水っぽさが消えて旨味が凝縮されて大変美味しい魚に変身します。

当店の干物人気ランキングの上位常連で、好きなお客様はベランスガレイの干物を見ると迷わず買いだめする方が多いです。

ベランスガレイの干物はぜひ一度ご賞味ください、大変美味しい干物ですよ。

テナシイカ(ヤリイカ)刺身
テナシイカ(ヤリイカ)刺身

テナシイカは最近よく水揚げされている、旬のイカになります。

冬はアオリかテナシが旬のイカになりますが、甘さと旨味を味わうならアオリイカ、上品な味を楽しむならテナシイカというところでしょうか。

テナシイカは大変人気のあるイカで境港では刺身・煮付けで皆さん食べられます。

確かに甘さではアオリやシロイカには負けますが、サッパリとした上品な味を楽しめました。

定番の醤油+わさびで食べましたが、テナシイカのあっさりとした味はカルパッチョで食べても美味しそうですね、今度試してみます。

カルパッチョ
カルパッチョ

カルパッチョは好みの味に自由にアレンジ出来ますので私の中ではマイブームです。

当店の宅配サービスのお客様は地元のお客様より年齢層が若いので、こういったカルパッチョなども挑戦される方が多いですね。

私はこのカルパッチョを肴に辛口白ワインをチビリチビリと飲むのが大好きです。

この九州産の明太子も売れ筋商品で、週に一度の宅配サービスでは1回に5パックも注文される方がいらっしゃいます。

最初は誰かに配っているのかと思っていましたが、毎週頼んでこられるので自家消費なんでしょうねw

1週間に5パックって・・完全に明太子中毒患者・・、明太子やイカ・カニなどの食べ過ぎは痛風の原因と言われていますので食べ過ぎ注意ですw

この明太子、辛すぎず適度な味付けになっているので辛い物苦手の私でも構えず食べることが出来ますし、確かに人気があるだけあって美味しい。

値段も安い方ですので人気があるのも頷けます。

やっぱりお客様に人気がある商品は理由がちゃんとありますね。

ボイル松葉ガニ
ボイル松葉ガニ

今シーズン真っ只中の松葉ガニのボイルです。

カニみそたっぷり、身も詰まっていて文句なしです。

濃厚なカニミソを肴にお酒を頂くのは私にとって至福の時間ですね~w

当店で普段地元のお客様に販売しているのは脚欠け(脚が揃っていない)・ヤケ(甲羅などが黒いもの)など、いわゆる「訳あり」商品が殆どになります。

贈答用のカニであれば見た目もある程度綺麗でないといけませんが、自分たちで鍋やボイルで食べるのなら姿形がどうあれ身が詰まっていれば美味しく頂けますし、なにより綺麗なカニより値段が安くなります。

松葉ガニ、ヤケ脚欠け
松葉ガニ、ヤケ脚欠け

ヤケなどは敬遠される方がいらっしゃいますが、実はヤケの方が身が詰まっている確率が高いのはカニに詳しい人なら知っていることです。

甲殻類のカニは脱皮を繰り返して大きくなりますが、脱皮をすると当然ながら汚れていない=ヤケのない新しい甲羅になります。

カニの身が詰まっているかどうか(身入り)は、脱皮してからの経過時間に比例すると言われています。

ですのでヤケがある=脱皮してから汚れが蓄積するほど年数が経っている=身が詰まっているということになります。

あくまでも目安ですが、カニを選別するときの参考にしてください。

ねばりっこは鳥取県の園芸試験場で開発育成された新品種で主に北栄町で飼育されている長芋です。

鳥取を代表する長芋「砂丘ながいも」と比べてねばりが強く栄養価も2倍あるとされています。

確かにねばりが強く味が濃くて、長芋とろろにするとトロトロというよりも餅を煮過ぎた時のドロドロとしたような柔らかさです。

私はどちらかというととろろより箸で摘まんで食べられる短冊の方が好きで、ふりかけ昆布をかけて醤油で食べます。

このふりかけ昆布は「大漁市場なかうら」で購入したのですが、これもまた美味しくてねばりっこの味とよく合います。

鳥取産ながいも、ねばりっこを全農のサイトで購入➡

美味しい海産物を普通に食べられる私って幸せです。

トマトは桃太郎で、私の場合は皮を剥いて塩をかけて食べます。

一度トマトの皮を剥いて食べてみて下さい。

食感の違いに驚きますよw

デザートにはサクサクリンゴを頂きました。

かやの鮮魚店

コメントを残す