クロソイ(ボッカメバル)が新鮮、煮付け・刺身・カルパッチが美味しい/鮮魚販売編

クロソイ は「北海道の鯛」とも呼ばれています

先日から写真の クロソイ (ボッカメバル)がちょくちょく揚がっています。

サイズは25㎝程度と少し小振りですが、脂がのっていて煮付け・焼き物にするには一人前としては丁度いい大きさです。

境港では煮付けの魚として人気があって、透明感のある白身は味わい深くとても上品な味を楽しめます。

クロソイ は鯛が揚がらない北海道ではその白身の美味しさから「北海道の鯛」と呼ばれ、大変人気があり養殖も盛んにされています。

主に北の海の魚と思われがちですが、ほぼ日本全国で獲れ、境港では外江近辺でも釣れる釣りの対象魚としても人気がある魚です。

旬は冬から春の間で脂ののった今の季節がクロソイを美味しく頂ける時期になります。

クロソイ
クロソイ

外江漁港(東)の桟橋から東に向けてルアーを投げるとクロソイがヒットします。

カニエサでの落とし込みでも嬉しい外道としてヒットしますので、結構な数が居着いていると思います。

このクロソイもある程度大きくなると深場へと移動していき、大物は陸からは釣れなくなります。

境港では主に煮付けで食べられていますが、刺身にしても大変美味しく頂ける魚で白身の上品な味は舌が肥えた魚好きの方も満足できる美味しさです。

もう少しサイズが大きい方が刺身をするには向いていますが、ぜひ一度刺身を味わってほしい魚の一つです。

カルパッチョ
カルパッチョ

また、白身のくせのない魚なのでオリーブオイル、塩、レモンか柚子などでカルパッチョにして食べても美味しく頂けて、私の大好きな白ワインにピッタリ合います。

お客様から煮付け以外で食べたという話を聞いたことがありませんが、元が美味しい魚なのでどんな料理をしても美味しく頂けます。

この魚はぜひ一度は食べてみるべしです。

クロソイ
クロソイ
かやの鮮魚店

コメントを残す