ヘイズダイ/アカヒラ/宍道湖産の大和しじみ、今日の店構え

ヘイズダイ、アカヒラ
ヘイズダイとアカヒラ

右手の方の鯛はヘイズダイと呼ばれていて関西の方ではキビレと呼ばれていて、チヌ(黒鯛)とあまり区別されていません。

正式名称はヘダイ(スズキ目タイ科)というようで、生息地によりますが癖がない美味しい魚です。

こちらの地域の方は塩焼きで食べるのに好いています。

左の方の魚はカンパチの幼魚のアカヒラです。

刺身で食べると最高に美味しいと思います(個人的な好みです)

滅多にありませんが何年か前にアカヒラが中野港の方まで入ってきて岸からルアーで爆釣していたことがありました。

沖ギス、ヘイズダイ、アジ

沖ギスは塩焼きか塩して干し物、境港の人達は唐揚げが大好きです。

確かに唐揚げの沖ギスは骨離れが良く食べやすいです。

アジは刺身が一番、塩焼きが二番、少し日が経てばショウガなどを混ぜたタタキ。もちろん新鮮なんでどんな料理でも美味しいんですが、塩をして干したアジは朝のご飯のおかずに最高です。

境港では干し物を製造する業者も多く、アジは塩をしての一夜干しや味醂干しなども人気があってよくみなさん好んで食べています。

干し物はかやの鮮魚店でも作りますが、一番美味しいのはその日に獲れた鯵やカマスなどの魚をそのまま干して、次の日に食べるのが一番美味しい食べ方です。

干し物が好きな方は串に刺して干してある魚を見るとそのまま何串も買って帰る方もいます。

(一串7~8枚程度を刺して干しています。)

その日に獲れた魚をそのまま干すなんてなんと贅沢な!と思いますが、新鮮な魚を冷凍することなくそのまま干して次の日に食べるので、冷凍の手順がありません。

現在は冷凍の技術も上がっていて、魚を真空パックにしてから冷凍するなど、以前と比べて鮮度を保てるようになっていますので、以前程大きな差はありません。

ですが、これが干してから冷凍なら良いんですが、永く冷凍していた物を干すと美味しくなくなります。

まぁ、在庫処理での干し物はちょっと、、、ということです。

冷凍処理が悪いと言っているわけではありません。

マグロなどは冷凍ブロックをうまく解凍した方がおいしい言う方もいらっしゃいます。

 

これはモサエビ(ドロエビ)。やっぱり皮をむいて刺身。

塩焼きでも美味しくてモサエビの塩焼きがあるとお酒の量が増えますね~。

モサエビは正式名称は「クロザコエビ」といって沖合底びき網漁で水揚げされます。

漁期は9~5月ですが旬もまた同じ時期で秋~春ごろになります。

大変美味しくて人気のあるエビで刺身はもちろん、塩焼き・ボイル・天ぷら・汁物となんでも美味しくいただけます。

刺身で食べるとモサエビの濃厚な甘い味が口いっぱいに広がります。

アマエビと比べて身に水分が少ないので食感もよくて、エビ好きなら幾らでも食べられそうですw

新鮮なモサエビの頭を吸ってエビみその味を楽しむのも最高です。

宍道湖産大和しじみが大人気

宍道湖に生息する大和しじみは日本で食されている国産のシジミとして最も一般的な種類で、塩分濃度が1.5%以下の汽水域に生息しています。

味噌汁の具として大変人気があるので、当店でも大和しじみは毎日仕入れています。

シジミには「オルニチン」「L-システイン」「鉄分」などが豊富に含まれていて栄養面でも文句なし。

お酒を愛される方はこのシジミの汁を飲まないと朝が始まらないと言いますね。

当店のお客様も当たり前の様に毎日購入されますね~。

かやの鮮魚店ではこのシジミを真空パックにして冷凍したものを販売しています。

解凍せずに真空パックのシジミをそのまま味噌汁などに入れて少し煮込むとすぐに出汁の効いたシジミの味噌汁が出来上がります。

商品はまだまだありますが、今日のところはこれぐらいで。

宍道湖産 しじみ 通販

 

かやの鮮魚店

コメントを残す