アカベ(コナガニシ) 一度は食べて欲しい境港の珍味

アカベの刺身は一度は食べるべき!

境港の珍味とはなんですか?と聞かれて一番におススメするのがこのアカベ!

正式名称は「コナガニシ」といい境港でも馴染み深い貝ですが、境港よりも広島県で熱狂的に好まれていて、境港に水揚げされたアカベは驚くほどの値段で競り落とされて広島へと出荷されていきます。

そのせいで生産地である境港の小売価格も上昇し、おいそれと食することが出来ない高級品となってしまいました。

大変な人気があるのはもちろん味の良さで、アカベの何とも言えない甘さと食感は、私が知っているこの世の食べ物の中で最も絶妙なバランス良さと言えます、これマジですw

もちろん私も大好物で納得できる値段で手に入った時には、売れ残るのを願いながら販売していますw

売れ残った時には廃棄処理としてやむなく食べていますがw、アカベを食するときには少し良いワインを一緒に頂きます。

ただ写真のように殻付きの貝なので食べる為には少し手間が必要で、木づちでたたいて貝を割り中の身を取り出して綺麗に洗ってやらなければなりません。

これが結構な手間で、アカベは食べたいが手間を考えて購入を控えるお客様も多いですね。

当店でもお客様の要望があれば木づちで叩いて身だけにして販売することもありますが、結構な手間なので少し手間賃は頂いています。

手間を掛けて刺身にしたアカベですが、アカベが大好物な私はこれを見ただけで早く味わいたくて我慢できないほどですw

ホント絶妙な味わいはおススメというか、「一度は食べないと人生損してる」と言いたいほどです。

ただ旅行で境港に来ても食べさせてくれる食堂や寿司屋がないので、アカベを食べることは難しいですね~。

観光客相手の鮮魚店が並ぶ境港センターでも販売しているのを見たことがないので、本当に幻の生産地グルメですね。

こんなに美味しいものを食べれる私は幸せ者って本当に思います。

 

かやの鮮魚店

コメントを残す