ノドグロがやっぱり好き

底曳き網漁が9月に解禁されてから1程経ちますが、この期間に時化や台風が重なったため魚があまりなくて魚中毒の当店のお客様には大変不便な思いをさせました。

台風も去っていつものように豊富な魚が境港に水揚げされ始めました。

たくさんの魚が水揚げされて活気に溢れているのが境港の本来の姿で、魚屋である当店もお客様もこの活気あふれる状態が続いてくれることを願っています。

魚を見る目がとても肥えて居る当店のお客様の人気NO.1はやっぱり「ノドグロ」ですね。

ノドグロ

ノドグロは正式名称は「アカムツ」と言い、ノドグロ(喉黒)という名前の通り口の奥が黒いです。

「煮ても焼いても食えぬ」の反対で「煮ても焼いても何しても旨い」魚で、当店のお客様での人気がダントツに1番です。

もちろん当店のお客様だけに人気があるわけでなく日本中で人気の魚なのと漁獲量が少ないのもあって、値段はとても高価で時には目ん玉ひん剥くような高値で競り落とされることがあります。

当店は高級店でも観光地価格で売ってるわけでもなく地元のお客様のお店ですので、とんでもない高値の時は指を咥えて見ている事しかできませんw

安くて良いものを食べて頂きたいので、こんな時は我慢ですw

最近少し価格が落ち着いていたので手頃なノドグロを仕入れましたが、皆さんノドグロを待ちに待っていたようで大人気でした。

こうやってお客様に喜んで頂けたら魚屋冥利につきますね~。

最近は台風や前線の影響で雨が多いのでノドグロ干物は作れていませんが、ボチボチ干物作りも始めて行こうと思っています。

ノドグロの干物はご自分で食べられても満足頂けると思いますが、贈答用としても重宝されるようで真空パック詰めのノドグロ干物はよく贈り物としての注文を賜ります。

私もノドグロの干物は大好物で「こんな美味しい干物があるのか?!」と初めて食べた時に感動したのを今でも覚えています。

ノドグロの特徴はサイズが違っても味に差が無くて、大きなものでも小さなものでもノドグロの濃厚な味に変わりはありません。

写真のような金魚ノドグロも立派にノドグロの味をしていますので、グラム単価が安い分これまた皆さんに人気があります。

焼いて食べて良し、煮て食べて良し、干して食べても良し、小さくても味が良い、と人気の理由が分かりますね。

ノドグロ開き干し

ちなみにこれは某おさかなセンターで売っていたノドグロ、あまりの値段に見た瞬間膝から崩れ落ちそうになりましたw

左のノドグロ一枚で大根が30本以上買える・・・、買う人いるんだろうか・・

まぁこれはピンキリのキリの方ですが、皆さん境港に来られた時にはぜひ一度ノドグロを味わってみて下さい。

ちなみに当店では値段が落ち着いた時しか仕入れませんので、ここまでは高くならないですね~w

というかそんな値段で仕入れたら売る相手が見つけられませんw

ぜひ一度この人気のノドグロをご賞味ください。

 

 

かやの鮮魚店

コメントを残す