オニエビ塩焼き、アマエビチリソース炒め

モサエビ(ドロエビ)、オニエビが最近揚がっているので試食してみました。

山陰のオニエビは漁獲量が少なく大変貴重な海老で、普段はなかなかお目にかかれません。

希少なエビなので値段の方もそれなりに高価で、近所のスーパーなどでは取扱すらしておりません。

当店でもオニエビを箱で買うことなんてなくて、モサエビなどの箱に混じっているオニエビを選り分けて販売する程度です。

オニエビ
オニエビ

稀にオニエビだけの箱が競りに掛かることがありますが、今日の写真のオニエビなんかは軽く1万円を超えていました。

競り値で1万超えですのでお客さまの口に入るときには幾らになっているんでしょうね。

ノドグロといいオニエビといい高値でも好んで食べる人がいるんですね~、スゴイ。

先日モサエビを入荷した時にオニエビが混ざっていたのですかさず試食用にゲットw

さっそくその日に塩焼きにして頂きました。

オニエビは値段も良い値段ですが味も大変良く、身は濃厚で甘く大きな頭に詰まったみそも濃厚そのものです。

焼いて食べてよし、お刺身で食べてよし、味噌汁や吸い物で食べても良い出汁が出て大変美味しく、エビの中でもトップクラスの美味しいエビですね。

私は特に焼いたオニエビが大好きで、香ばしい身はもちろん、頭のみそも好物中の好物です。

焦げ目がつかないように気を付けながら焼いたオニエビは、パリパリとした皮ごと食べるのが最高に美味しい食べ方で、身の甘さと香ばしい皮のコンビネーションはもう堪りませんw

頭もそのまま食べられますが、ミソはミソで味わいたいなら頭をめくってミソをほじくって食べましょう。

今のオニエビは腹に卵(エビっ子)を抱いていますが、これもまた絶品でプチプチとした食感と濃厚な味はエビ好きにはたまりません。

お酒好きな私はオニエビ塩焼きがあるとついついお酒がすすんでしまいます。

オニエビ・モサエビ(ドロエビ)はあまり目にする機会がないかもしれませんが、ぜひ一度ご賞味ください。

ビックリするほど美味しいエビですよ。

こちらはアマエビ(ホッコクアカエビ)のチリソース炒めです。

新鮮なアマエビはお刺身で食べるとプリプリした食感と甘い身が美味しくて、大変人気があるエビです。

お刺身のネタとしても定番のエビで寿司屋に行くと大抵のお店でアマエビの握りを頂けます。

今日本で食べられているエビチリソース炒めのレシピは、中華料理人の陳建民(陳建一のお父さん)が、四川料理の「乾燒蝦仁」(カンシャオシャーレン)をアレンジしたレシピが広まったものだそうです。

陳建一さんと言えばフジテレビの「料理の鉄人」に出演されていましたが、お父さんが日本での四川料理の第一人者だったんですね~、知らなかった。

PLANT5などでたまに惣菜のエビチリソース炒めを買って帰ることがありますが、エビがイマイチだな~と常に思っていたので、今回は贅沢にアマエビでチリソース炒めを作ってみました。

自分で作って自分で言うのはなんですが、このアマエビのチリソース炒めはこれまで食べたエビチリソースの中で一番美味しかったです。

辛口が好きな私はチリソースが少し甘めだったのが残念でしたが、プリプリのアマエビの食感と甘いアマエビの身がチリソースの味と大変合っています。

食材が良ければ料理人の腕に関係なく立派な美味しい料理が出来ると言われますが、まさにその言葉通りの美味しさでした。

アマエビのエビチリソース炒め、美味しいですよ。

ぜひ一度ご賞味ください。

 

かやの鮮魚店

コメントを残す